advertisement

スピーキングをAI採点「Talk Trainer」無料提供

 DDは2023年6月21日より、非構造データとして入力されるユーザーの音声をAIが音響分析し、スピーキングを採点するサービス「Talk Trainer」のWeb版を無料でリリースした。英検対策のみならず、積極的に英会話する人材を育成することを目指すという。

教育・受験 大学生
Talk Trainerの使用イメージ
  • Talk Trainerの使用イメージ
  • 有料会員向けニュースレター

 DDは2023年6月21日より、非構造データとして入力されるユーザーの音声をAIが音響分析し、スピーキングを採点するサービス「Talk Trainer」のWeb版を無料でリリースした。英検対策のみならず、積極的に英会話する人材を育成することを目指すという。

 自分のスピーキング能力を知るには、英検などの試験を受験する以外、客観的に示す指標がなかった。そこで、DDは「Talk Trainer」のWeb版を無料でリリース。Talk Trainerを無料で使うことにより、発音記号の弱点を「見える化」し、自分の現状を認識することが可能になる。

 Talk Trainerは、AIが非構造データとして入力されるユーザーの音声を音響分析し、周波数や強弱、音と音の感覚を抽出して数値化。その数値をもとに母音・子音までAIが細かく採点し、客観的な英語力が判明するという。発音記号のほかに、英文の「正確さ・流暢さ」も100点満点で採点される。

 Talk Trainerでの発話量は、英会話教室の7倍。週5回、10分続ければ、1か月におよそ2万5,000語を話せるという。ジャンルは、「日常」「ビジネス」「旅行」「スラング」「カジュアル」「接客」「恋愛」「主張」があり、英文1,100個が練習できる。

 また、Talk Trainerには「自分で作った英文」を採点できる機能を実装。ユーザーが話したい英文を設定することで、各ユーザーの実際の使用シーンでのスピーキングを採点することが可能になり、実用的な用途としても活用できる。

 英文の点数は蓄積され、過去の自分と比較しながら成長を実感することができる。過去に点数の低かった発音記号を意識して読むことにより、難しい発音に慣れることができ、ユーザー毎の弱点克服に繋がる。

 さらに、月額1,400円の有料会員になると、週に1度発行されるリスニング音声付きニュースレターを受取ることができる。ネイティブスピーカーが使う実用的な英語を学べるニュースレターによって、ネイティブの正しい英語表現が身に付くという。

《いろは》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top