母親が求める熱中症対策、冷房設置率は関東と関西で30%の開き 5枚目の写真・画像

 梅雨明け直後に熱中症患者が全国で数多く出たことも影響し、子どもの熱中症を心配する母親が9割を超えた。中でも、湿度と気温の上昇による屋内熱中症を懸念する母親が87%と高く、学習環境における熱中症対策が注目されている。

生活・健康 健康

編集部おすすめの記事

特集

page top