麻しん風しんの予防接種率、東京都は全国でも3番目に低い水準 3枚目の写真・画像

 麻しん(はしか)風しんワクチン接種率は第1期より第2期のほうが低い傾向にあることが、厚生労働省発表の平成25年度予防接種の実施状況から明らかになった。東京都は第2期の接種率が89.7%と、全国でも3番目に低い水準となっている。

生活・健康 健康
平成25年度麻しん風しんワクチン接種率全国集計結果(第2期)の一部
平成25年度麻しん風しんワクチン接種率全国集計結果(第2期)の一部

編集部おすすめの記事

特集

page top