都内公立中の評定状況、「5」の割合がもっとも高いのは英語…都教委調査 1枚目の写真・画像

 東京都教育委員会は3月26日、都内公立中学校第3学年(平成26年12月31日現在)の評定状況の調査結果をまとめ、公表した。全教科の「5」の割合は平均12.1%、教科ごとでは「外国語(英語)」の14.6%がもっとも高い。「1」の割合がもっとも高いのは「数学」の4.8%だった。

教育・受験 学校・塾・予備校
各評価の評定分布状況
各評価の評定分布状況

編集部おすすめの記事

特集

page top