理研と東京都市大、抗菌処理など可能な金属表面の加工技術を開発 1枚目の写真・画像

 理化学研究所と東京都市大学が、金属の表面に微細なへこみと平坦部を周期的に持たせる加工法を開発した。表面にマイクロ、ナノレベルのへこみ構造を持った樹脂やガラスを生産するための金型の製造などを想定する。

教育・受験 学校・塾・予備校
理化学研究所と東京都市大学の発表資料より
理化学研究所と東京都市大学の発表資料より

編集部おすすめの記事

特集

page top