生活・健康 高校生ニュース記事一覧(5 ページ目)

「京都エコ修学旅行」参加校募集、数量限定でエコバッグを進呈 画像
高校生

「京都エコ修学旅行」参加校募集、数量限定でエコバッグを進呈

 京都市は、2019年5月15日から2020年3月31日までに修学旅行で京都市内に宿泊する学校を対象に、環境にやさしい取組みを実行する「京都エコ修学旅行」の参加校を募集する。学校独自でエコな取組みを実践する企画も実施し、優秀校には表彰のうえ、記念品を贈呈する。

奨学金の返還義務を知った時期、延滞者の約2割が「貸与終了後」 画像
その他

奨学金の返還義務を知った時期、延滞者の約2割が「貸与終了後」

 日本学生支援機構(JASSO)は2019年3月29日、「平成29年度(2017年度)奨学金の返還者に関する属性調査結果」を公表した。奨学金の延滞者のうち、貸与終了後に返還義務を知った者の合計は19.1%にのぼることが明らかとなった。

10代の自殺死亡率増、動機は「学校問題」が最多 画像
小学生

10代の自殺死亡率増、動機は「学校問題」が最多

 2018年の自殺者の2.9%は未成年であることが、警察庁が2019年3月28日に発表した「平成30年(2018年)中における自殺の状況」により明らかとなった。未成年の自殺の原因・動機は「学校問題」が最多で、男性では約4割にものぼった。

「もう一つのセンバツ」全国高校女子硬式野球選抜大会をライブ中継4/1-2 画像
高校生

「もう一つのセンバツ」全国高校女子硬式野球選抜大会をライブ中継4/1-2

 毎日新聞社は2019年4月1日と2日の両日、3月27日に埼玉県加須市で開幕した第20回記念全国高等学校女子硬式野球選抜大会の決勝と決勝の3試合を、特設サイトでライブ中継する。同大会のライブ中継は昨年に引き続き2回目。

東京都、LINEを活用したネットトラブル・自殺・教育相談…4/1より通年実施 画像
中学生

東京都、LINEを活用したネットトラブル・自殺・教育相談…4/1より通年実施

 東京都は2019年4月1日より通年で、ネット・スマホのトラブル相談や自殺相談、いじめなどの教育相談をLINEアカウント「相談ほっとLINE@東京」にて受け付ける。受付時間や対象は、相談内容によって異なる。

高校生の7割「自分の将来は明るい」…IT・AI社会で働く印象についても調査 画像
高校生

高校生の7割「自分の将来は明るい」…IT・AI社会で働く印象についても調査

 リクルートマーケティングパートナーズの「高校生価値意識調査」結果によると、高校生の4人に3人が「今、幸せ」であり、約7割が「自分の将来も明るい」と回答したことが明らかになった。

都立工芸高生、4度目の挑戦で大賞受賞…第7回カーデザインコンテスト 画像
高校生

都立工芸高生、4度目の挑戦で大賞受賞…第7回カーデザインコンテスト

◆世界をリードするすごいカーデザイナー誕生に向けて ◆10年後の暮らしを楽しくする乗り物がテーマ ◆アイディアに優れた受賞作品群 ◆4回目の挑戦で大賞受賞 ◆大事なのは何が作りたいか、何を世の中に提供したいか

【GW2019】首都高の渋滞ピークは5月2日…4月26日も混雑の可能性 画像
その他

【GW2019】首都高の渋滞ピークは5月2日…4月26日も混雑の可能性

 首都高速道路は、2019年4月27日(土)から5月6日(月)のゴールデンウィーク期間の渋滞予想を発表。GW前日の4月26日および5月2日は特に渋滞が多くなるとして注意を呼びかけている。

平成の高校生はブレザータイプが主流、制服への満足度高い 画像
高校生

平成の高校生はブレザータイプが主流、制服への満足度高い

 高校生が着ている制服のタイプは、男子が「学ラン」41.0%、「ブレザー」49.6%、女子が「セーラー服」9.8%、「ブレザー」75.2%とブレザータイプが主流であることがトンボの調査結果より明らかになった。

スポーツキッズの体づくりに「巨人飯」ジャイアンツ監修の料理本発売 画像
小学生

スポーツキッズの体づくりに「巨人飯」ジャイアンツ監修の料理本発売

 読売巨人軍監修の料理本である、MOOK「巨人飯 ~ジャイアンツ寮の食事とスポーツ栄養学がわかる本~」が2019年3月18日にぴあより発売された。スポーツキッズの体づくりや大人の健康管理にも最適な内容となっている。

体罰禁止や守秘義務を法定化…児童虐待を防止する改正法案提出へ 画像
その他

体罰禁止や守秘義務を法定化…児童虐待を防止する改正法案提出へ

 児童虐待防止対策に関する関係閣僚会議は2019年3月19日、「児童虐待防止対策の抜本的強化について」を決定。体罰禁止の法定化、児童相談所の体制強化、学校・福祉施設などの職員に関する守秘義務の法定化などが盛り込まれ、改正法案を今国会に提出する。

児童虐待事件を受けて、文科大臣が子どもたちにメッセージ発表 画像
文部科学省

児童虐待事件を受けて、文科大臣が子どもたちにメッセージ発表

 文部科学省は2019年3月19日、文部科学大臣メッセージ「全国の児童生徒の皆さんへ~安心して相談してください~」を発表。千葉県野田市における小学4年生死亡事案を踏まえたもので、動画とテキストがWebサイトに掲載されている。

若年層の約3割に自殺念慮、原因4人に1人が「いじめ」 画像
その他

若年層の約3割に自殺念慮、原因4人に1人が「いじめ」

 日本財団は2019年3月19日、第3回自殺意識調査の結果を公表。若年層(18歳~22歳)のうち、約3割が「本気で自殺したいと考えたことがある(自殺念慮)」と答え、その原因として48%が「学校問題」をあげていた。また、学校問題でもっとも多い原因は「いじめ」だった。

二キビに悩む中高生64.9%、相談相手は母親が最多 画像
高校生

二キビに悩む中高生64.9%、相談相手は母親が最多

 中高生が今までに悩んだことのある肌の症状でもっとも多いのは、「ニキビ」64.9%であることがエイボン・プロダクツの調査結果より明らかになった。ニキビの悩みの相談相手は「母親」95.4%が最多。誰にも相談できていない中高生も3割以上いた。

殴ることと愛情を込めてたたくことは違う?体罰禁止のための質問集発行 画像
未就学児

殴ることと愛情を込めてたたくことは違う?体罰禁止のための質問集発行

 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは子どもの虐待予防に向けた活動の一環として、体罰を禁止する法律を作ろうとするときに国や文化の違いに関わらず共通してよく質問される内容をまとめた「子どもに対するあらゆる体罰を禁止するために:よくある質問集」を発行した。

キラキラネーム、遭遇率は7割…半数は嫌悪なし 画像
その他

キラキラネーム、遭遇率は7割…半数は嫌悪なし

 日常生活の中で自分以外の誰かをキラキラネームだと思ったことがある割合は約7割にのぼり、約半数の人はキラキラネームに嫌悪感がないことが、三起商行の調査結果より明らかになった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 30
  13. 40
  14. 50
  15. 最後
Page 5 of 79
page top