スマホ家庭の意識調査、通信費の増加に半数以上が不満

デジタル生活 モバイル

家庭のスマートフォンの合計台数(サーベイリサーチセンター調べ)
  • 家庭のスマートフォンの合計台数(サーベイリサーチセンター調べ)
  • 家庭のスマートフォン利用台数の変化(サーベイリサーチセンター調べ)
  • スマートフォン移行前後での通信変化(サーベイリサーチセンター調べ)
  • 家庭の通信費が増えた理由(サーベイリサーチセンター調べ)
  • 家庭の通信費の増加金額(サーベイリサーチセンター調べ)
  • 増加した通信費に対する考え、家庭の通信費を抑える対策、通信費を抑える対策に望む通信サービス(サーベイリサーチセンター調べ)
 スマートフォンの普及にともない、各家庭においての通信費の状況は? 不満は? 利用者が求める改善策とは? サーベイリサーチセンターが通信費に関する意識調査を実施し、結果を公表した。

 調査対象となったスマートフォン利用者(18歳以上の524人)の中で、2台以上のスマートフォンを利用している家庭が35.5%。1年前からの利用台数については、55.7%が増加したと答えた。スマートフォンの普及率の高さが伺える結果となった。

 その一方、普及に比例して通信費も増加しているのが現状。同調査では、67.1%の家庭は通信費が増えたと答え、そのうち「とても増えた」と答えた家庭が18.1%だったという。スマートフォン移行前後で通信費が増えたと回答した人の中で、1,500円以上増えたとの回答が80.2%、8,000以上の増加は約6%だった。全体の増加を平均にすると3,300円だったという。また、通信費が増加したと答えた回答者の中では、58.3%が増えた通信費に不満を抱いている。

 普及にともない増加する通信費に対し回答者は、家族割など、「家族で契約をまとめると安くなる」ようなプラン、または料金プランのシンプル化から「必要なものだけを選べる」ような対策案を求めているようだ。スマートフォン所有者の約半数は、まだ通信費を抑える対策ができていないという。今後のスマートフォンの普及、通信費の増加に対する各社の対応などが注目される。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)