満足度94%のオックスフォードが第1位…英国大学生の教育満足度ランキング

教育・受験 その他

大学在校生教育満足度ランキング
  • 大学在校生教育満足度ランキング
  • ガーディアン
 英国の主要新聞「ガーディアン」は、2012年入学予定の学生に英国内の大学ランキングを公開している。欧米では、多数の大学ランキングが存在するが、在学生の満足度を考慮した調査は少ない。在学生の満足度によると、オックスフォード大学が第1位、ケンブリッジ大学は4位にとどまった。

 同調査は、2012年に大学入学を予定している学生を対象に作成されており、在学生の満足度や、学部・学科別にランキングを並び替えることができるのが特徴だ。

 卒業後の就職率や、入学難易度などを考慮した総合ランキングでは、ケンブリッジ大学が第1位。その後をオックスフォード大学、セント・アンドルーズ、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスが続いた。

 その一方で、在学生の満足度に重点を置いたランキングでは、オックスフォード大学が満足度94%で第1位。第2位には満足度93%のセント・アンドルーズが続き、アベリストウィス大学(92%)、ケンブリッジ大学(91%)となった。総合で第4位にランクインしたロンドン・スクール・オブ・エコノミクスは、満足度が80%と第71位までランクを落とした。

 在学生の満足度は、教育の質に対する満足度、教員からのフィードバックへの満足度が調査されている。入学を検討する学生の立場からは、在学生の満足度調査は参考になる情報なのではないだろうか。

 日本では、ベネッセ教育総合研究所が全国大学満足度ランキングを2007年に発表したが、毎年発表される調査結果ではない。受験生にとって、入学後の4年間を左右する選択なだけに、ガーディアンのランキングは日本の大学の評価方法としても興味深い。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)