タブレットで学ぶ「デジタルZ」に、科学する心を育てる新講座

 Z会が提供するAndroidタブレット端末向けのデジタル通信教育「デジタルZ」では、6歳〜8歳を対象とした新講座「つながるせかい かがく」を8月に開講する。

教育ICT 学校・塾・予備校
デジタルZ「つながるせかい かがく」
  • デジタルZ「つながるせかい かがく」
  • デジタルZ「つながるせかい かがく」
  • デジタルZ
  • デジタルZ「つながるせかい かがく」
 Z会が提供するAndroidタブレット端末向けのデジタル通信教育「デジタルZ」では、6歳〜8歳を対象とした新講座「つながるせかい かがく」を8月に開講する。

 デジタルZは、今年4月よりスタートした幼児および小学校低学年を対象としたデジタル通信教育講座。WiFi接続されたAndroidタブレット端末に教材が配信され、学習後には先生からメッセージが届くなど、双方向的な指導が可能。第一弾として6〜8歳を対象とした英語講座「はじめてまなぶ えいご」が4月に開講している。

 デジタルZの第二弾となるのは、科学する心を育てるための「つながるせかい かがく」。子どもたちの“理科ばなれ"が問題視されるなか、同講座では「『理科ばなれ』をさせない教材」を目指し、楽しんで学習してもらうこと、自ら進んで疑問を持ち、解決に向けて取り組んでいけるような工夫がなされているという。

 タブレット端末の利点を活かし、写真やイラスト、音や動きをふんだんに取り入れながら、「宇宙」や「生き物の進化」など、子どもの興味を引くテーマについて解説。教材は、小学校で習う内容を意識して作られており、理科学習の全体像を把握しながら、科学的な思考力を養っていくのに役立つという。

 講座は、1回あたり10〜15分程度のレッスン教材が月に5回配信され、毎月1ステージずつ、全6ステージを6ヶ月かけて学習するようになっている。6ヶ月分の受講料は11,100円(一括払いの場合)。

 なお、受講にあたっては、Z会指定のタブレットPCとWiFi環境が必要。指定機種は、パナソニック製の「Z会専用タブレット UT-PB1」、ASUS製の「Eee pad Transformer TF101」と、NTT東日本の「光iフレーム2」の3機種。パナソニック製とASUS製はZ会から購入でき、「光iフレーム2」はNTT東のフレッツ提供エリアでレンタル提供される。

◆デジタルZ「つながるせかい かがく」
開講:8月
対象:6歳〜8歳
価格:
[一括払い]6ヶ月分11,100円(1ヶ月あたり1,850円)
[分割払い]2,020円/1回(全6回の総額12,120円)
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)