【センター試験2013】センター試験、現役志願率・参加大学ともに過去最高

教育・受験 受験

志願者数(確定)
  • 志願者数(確定)
  • 男女別志願者数
  • 都道府県別志願者数(試験地区別)
 大学入試センターは11月30日、大学入試センター試験の志願者確定数を発表した。志願者数は、前年度より1万7,807人増の57万3,344人となり、現役志願率は42.1%、センター参加大学は840大学で、ともに過去最高を記録した。

 出願総数57万3,344人のうち、現役生は前年度より2万153人増の45万9,866人、既卒者は前年度より2,039人減の10万7,709人。高卒認定などその他は前年度より307人減の5,769人。現役志願率は、42.1%と過去最高となった。現役生の増加は、来春卒業予定の高校3年生の生徒数が前年比104%と多いことが大きな要因。

 出願者を男女別にみると、男子が32万4,200人(56.5%)、女子が24万9,144人(43.5%)。そのほか、都道府県別の志願者数なども掲載されている。

 また、センター試験参加大学は、国立大82校、公立大81校、私立大520校、公立短大15校、私立短大142校の合計840大学で過去最高となった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)