iPhone・iPad向け知育アプリ「どこパネル」で記憶力と集中力アップ

教育ICT ソフト・アプリ

iOS向けミニゲームアプリ「どこパネル」
  • iOS向けミニゲームアプリ「どこパネル」
  • iOS向けミニゲームアプリ「どこパネル」
  • iOS向けミニゲームアプリ「どこパネル」
  • iOS向けミニゲームアプリ「どこパネル」
  • iOS向けミニゲームアプリ「どこパネル」
 小学館集英社プロダクションは、親子で遊んで楽しく学べる保育・知育・教育アプリ「エデュプリ」シリーズから、ココロビット、スマイキーとの共同開発により、iPhoneとiPad用ミニゲームアプリ「どこパネル」を無料にてリリースした。

 どこパネルは、5×5のマス目に置かれる2〜5つのパネルの位置を覚えて当てるミニゲーム。瞬間視覚と瞬間記憶を鍛えて、記憶力と集中力をアップすることを目的に開発したという。パネルの色や形を見分ける力や、どこに何があったかを判断する空間認識能力も磨くことができる。

 1回のゲームにつき5問限定で、クリアするスピードによって評価が変化。短時間でクリアできるため、子どもにも時間を区切って遊ばせることができる。

◆どこパネル
対象年齢:幼児〜
動作環境:iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。
iOS4.3以降が必要
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)