小学生のデジタル機器使用率、ケータイ2割・スマホ1割

デジタル生活 インターネット

自分で使っているデジタル情報機器(男子)
  • 自分で使っているデジタル情報機器(男子)
  • 自分で使っているデジタル情報機器(女子)
  • デジタル情報機器でやっていること・やりたいこと
  • 1日あたりのメディア接触時間
 小学生の「スマートフォン」使用率は男子11%・女子9%で、男子の28%・女子の29%が今後ほしいと回答したことが、アスキー・メディアワークスの「子どもライフスタイル調査2013冬」の結果より明らかになった。

 同調査は、2012年12月1日~2013年1月21日に、雑誌「デンゲキニンテンドーfor KIDS」と「キャラぱふぇ」の読者を対象に調査を実施し、回答者から小学生のみを抽出して集計した。集計サンプル数は785件。

 小学生が自分で使っているデジタル情報機器は、「パソコン」が最多で男子49.6%・女子52.3%。次いで「携帯電話(スマートフォン以外)」が男子21.1%・女子28.2%、「タブレット」が男子11.6%・女子12.8%、「スマートフォン」が男子11.2%・女子9.0%と続いた。

 一方、ほしいものは「パソコン」が最多で男子36.2%・女子32.2%。次いで男子は「スマートフォン」28.4%、女子は「携帯電話(スマートフォン以外)」31.5%となった。

 デジタル情報機器でやっていること・やりたいことは、「ゲームをする」が最多で男子が62.7%、女子が69.7%。次いで「ホームページを見る」が男子38.2%・女子37.5%、「ユーチューブやニコニコ動画で動画を見る」が男子36.4%・女子31.0%と続いた。

 メディア接触時間は、男女とも「テレビ」がもっとも長く、1日あたりの接触時間は、男子3時間13分・女子2時間47分。小4~6年生での時間が長く、男子小4~6年生では3時間37分となった。

 好きな本のジャンルは、「絵本・童話」が最多で男子41.7%・女子64.6%。男子小4~6年生は「冒険小説」が44%と高い。女子小4~6年生は、「絵本・童話」に加えて、「冒険小説」「恋愛小説」「推理小説」「学園小説」などいろいろなジャンルの本が好まれている。

 読書時間について、男子32%・女子42%が「以前より増えている」と回答。一方、「以前より少なくなっていると思う」と回答は、男子23%・女子18%であった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)