ドコモ・au・SoftBank、大規模災害発生時の音声メッセージサービスを4月から開始

デジタル生活 モバイル

「災害用音声お届けサービス」相互利用の概念図
  • 「災害用音声お届けサービス」相互利用の概念図
  • 「災害用音声お届けサービス」利用イメージ(KDDIサイトより)
 NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイルは25日、「災害用音声お届けサービス」の相互利用を4月1日より開始することを発表した。

 「災害用音声お届けサービス」は、震度6弱以上の地震など大規模災害発生時に、音声発信が集中することでつながりにくくなった場合、音声通信に代わってパケット通信により音声メッセージを届けるサービスだ。利用者の安否音声をファイル化し、パケット通信により送信するため、音声通信が混み合って電話がかかりにくい場合であっても安否確認が可能となる。ただし同サービスは、同じ事業者の利用者間でしか利用できなかった。

 今回、電気通信事業者協会(TCA)が仲介となり事業者間で協議を進め、相互利用を開始することで合意に至ったとのこと。これにより、災害時の携帯電話事業者間での音声メッセージの送付が可能となる。

 今後、体験サービスを相互利用開始日の4月1日に提供するほか、毎月1日・15日と「防災週間 (8月30日~9月5日)」「防災とボランティア週間 (1月15日~1月21日)」「正月三が日 (1月1日12:00~1月3日24:00)」にも体験サービスを提供する。

「災害用音声お届けサービス」、ドコモ・au・SoftBankによる相互利用がスタート

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)