携帯でのネット利用は1日平均97分…青少年の実態調査

デジタル生活 モバイル

青少年の携帯電話の所有率および所有機種
  • 青少年の携帯電話の所有率および所有機種
  • 青少年の携帯電話のインターネット利用時間
  • スマホアプリのダウンロードについての保護者の確認
 内閣府は3月29日、「青少年のインターネット利用環境実態調査」の報告書を公表した。携帯電話でインターネットを利用している青少年のうち、35.1%は2時間以上インターネットを利用しており、平均利用時間は97.1分に上ることが明らかになった。

 同調査は、2012年11月1日~11日に、満10歳から満17歳までの青少年3,000人と青少年の同居の保護者3,000人を対象に、調査員による個別面接方式で実施した。

 青少年の携帯電話の所有状況は、小学生が27.5%、中学生が51.6%、高校生が98.1%。このうち、スマートフォンの占める割合は、小学生が7.6%、中学生が25.3%、高校生が55.9%となった。

 携帯電話でインターネットを利用している青少年のうち、35.1%は2時間以上インターネットを利用しており、平均利用時間は97.1分。2009年の調査時(2時間以上:27.8%、平均時間:77.5分)から年々長時間化している。

 スマートフォンでアプリをダウンロードする際に、保護者に必ず確認を取る青少年の割合は、小学生が58.3%、中学生が26.4%、高校生が4.1%。学校種が上がるにつれ、確認するの割合が下がる傾向にある。

 インターネット上のトラブルや問題行動に関する経験は、携帯電話でメールやSNSを利用した際に経験することが多く、携帯電話でのメールが52%、携帯電話でのSNSが10.8%に上る。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)