留学カウンセラーに聞く中高生の夏休み短期留学…迷い・心配を解決

教育・受験 その他

JTBガイアレック 地球倶楽部事業部で留学カウンセラーを務める石渡美華さん
  • JTBガイアレック 地球倶楽部事業部で留学カウンセラーを務める石渡美華さん
  • 石渡美華さん
  • 中高生向け短期留学のパンフレット
  • 18歳以上向けや英語圏以外への留学プランも用意しています
 夏休みにお子さんの短期留学を計画されているご家庭も多いのではないだろうか。特にはじめての場合は、地域をどこにするか、寮かホームステイかなど迷いも多く、お子さんの語学力などに対する心配の声も聞く。JTBグループで海外留学プログラムを提供するJTBガイアレック 地球倶楽部事業部で、留学カウンセラーを務める石渡美華さんに、中高生の夏休み短期留学について聞いた。

--人気の留学地はどこですか。

 学年が高いお子さんにはアメリカが人気です。研修プログラムが豊富ですし、高校生は英語も勉強してある程度自信がついているので、アメリカで英語を勉強したいと希望される方が多いです。一方で、中学1年生には日本人も多いオーストラリア方面が人気です。

--期間はどのくらいが多いでしょうか。

 夏休みの場合は2~3週間が多いです。短期留学の時期は、7割ほどが夏休みで、続いて春休み、冬休みの順ですが、春と冬はお休みの関係で1週間程度と短くなります。

--最近の傾向があれば教えてください。

 数年前には、男子の参加者が少なく、心配して「このコースに男の子の参加者はいますか」と質問される親御さんもいらっしゃいましたが、ここ1、2年は男子も増えてきました。また、中学1年生や小学生の参加者も増えてきています。

--何年生で参加される方が多いですか。

 高校1、2年生がもっとも多いです。逆に、中学、高校ともに3年生は受験があるため、少ない傾向にあります。

--ホームステイと寮で迷った場合、どのように選択すればよいでしょうか。

 最近人気があるのは寮で、特に、はじめての方は寮を選ばれるケースが多いです。寮は学校の敷地内や、学校の近くにあり通学の心配がいらないことや、治安の面でも安心です。同じ目的の学生が一緒に生活をするので、お友達ができやすいというメリットもあります。

 もちろん、ホームステイを経験したいという方もいらっしゃいます。特に、おしゃべりが好きな方にはお勧めしています。もし、ホストファミリーとのコミュニケーションの行き違いがあった場合でも、引率リーダーが一緒に話し合い、解決するようにしています。

--地域による日本人比率に違いはありますか。

 日本から遠いイギリスは日本人が少なく、近隣のヨーロッパ諸国からの参加者が多いです。オーストラリアは日本人が多くなっています。また、8月には夏休みが終わる国もあり、日本人比率が増える傾向にあります。パンフレットには学校別に、前年の日本人の割合を記載しています。

【日本比率の一例】
トロント大学サマースクール(カナダ):7月12%、8月46%
UCLAの寮に滞在するサマースクール(アメリカ):7月33%、8月60%
セント・エドワーズサマースクール(イギリス):7月、8月最大で20%
シドニーサマースクール(オーストラリア):7~8月85%

 日本人が少ないところに行きたいと希望される方が多いですが、逆に、日本人のみで学ぶ日本人クラスを希望する方もいらっしゃいます。

--滞在先で病気になった場合の対応はどうされていますか。

 病院に行く場合には必ずサポートがつきます。また、学校によっては看護師さんがいたり、近くに病院がある場合もあります。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)