【高校受験2014】埼玉県立高校の募集人員、前年比160人減の4万人

教育・受験 受験

募集人員増をする学校・学科
  • 募集人員増をする学校・学科
  • 募集人員減をする学校・学科
  • 学科改編に伴い募集を変更する学校・学科
  • 募集方式の変更を行う学校・学科
 埼玉県教育委員会は10月24日、平成26(2014)年度の埼玉県公立高校入試における募集人員を発表した。前年度と比べて中学校卒業予定者数が185人減少することから募集人員を160人減らし、142校で計4万人募集する。

 全日制について、募集人員増をする学校は、入間向陽、浦和西、大宮南、春日部、川口、越谷南、狭山清陵、草加、滑川総合の9校でそれぞれ40人増の計360人増となる。

 一方、募集人員減をする学校は、朝霞、浦和、浦和北、浦和第一女子、浦和東、越ケ谷、坂戸西、志木、所沢北、所沢西、和光、市立川口(国際ビジネス)、川口総合の13校でそれぞれ40人減の計520人減となる。

 また、大宮北は理数科を新設し、普通科を320人から280人に減らし、理数科40人を募集。進修館は電気システム科と情報メディア科、ものづくり科の3学科でそれぞれ個別に募集を行う。

 なお、定時制の募集人員は前年度と変わらず2,240人募集する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)