【センター試験2014】文系61%・理系64%で昨年やや上回る…4社予想平均点まとめ

教育・受験 学校・塾・予備校

文系5教科7科目900点満点の予想平均点
  • 文系5教科7科目900点満点の予想平均点
  • 理系5教科7科目900点満点の予想平均点
 560,672名が志願し、1月18日と19日に実施された2014年度のセンター試験。河合塾、東進、ベネッセ・駿台「データネット2014」、代ゼミネットは、受験生の自己採点や問題分析などをもとに、各々、平均予想点を発表している。

 文系5教科7科目900点満点の予想平均点は、ベネッセ・駿台がもっとも高い552点(61.3%)、河合塾がもっとも低い534点(59.3%)と予想しており、4社の平均は546点(60.6%)で、2013年度より15点程度高い。

◆文系5教科7科目900点満点の予想平均点
河合塾:534点 59.3%
東進:550点 61.1%
ベネッセ・駿台:552点 61.3%
代ゼミネット:546点 60.7%
平均:546点 60.6%

 理系5教科7科目900点満点の予想平均点は、ベネッセ・駿台がもっとも高い579点(64.3%)、河合塾がもっとも低い566点(62.9%)と予想しており、4社の平均は572点(63.6%)で、2013年度より20点程度高い。

◆理系5教科7科目900点満点の予想平均点
河合塾:566点 62.9%
東進:573点 63.7%
ベネッセ・駿台:579点 64.3%
代ゼミネット:571点 63.4%
平均:572点 63.6%

 センター試験は全受験者の平均点が6割になることをめざして問題が作成されているが、文系、理系ともに6割をやや上回る予想となった。

 昨年平均点が101.04点(200点満点)と低かった国語は、4社ともこれをさらに下回る平均点を予想している。

◆国語の予想平均点
河合塾:99点 49.5%
東進:100点 50.0%
ベネッセ・駿台:100点 50.0%
代ゼミネット:98点 49.0%

 昨年、難易度が高く平均点51.20と低くした数学I・数学Aは、今年は易化し、4社とも平均点が10点以上上昇すると予想している。

◆数学I・数学A
河合塾:63点 63.0%
東進:65点 65.0%
ベネッセ・駿台:66点 66.0%
代ゼミネット:65点 65.0%

 各社とも、文系は5教科7科目(英語・国語・数学2科目・地歴公民2科目・理科1科目、理系は5教科7科目(英語・国語・数学2科目・地歴公民1科目・理科2科目)。英語筆記とリスニングは、合計250点満点を200点に換算している。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)