ベネッセなどが写真投稿キャンペーン開催、日本中のひらがな風景を募集

趣味・娯楽 その他

ひらがなおじさんに愛の手を!ひらがな珍発見
  • ひらがなおじさんに愛の手を!ひらがな珍発見
  • 投稿写真の一例、「も」に見える電柱
  • 投稿写真の一例
 ベネッセ、デイリーポータルZ、LIGの3社は、ひらがなの楽しさを世に広めることを目的とした企画「ひらがなおじさんに愛の手を!ひらがな珍発見キャンペーン」を開催。日本中のひらがな風景の写真投稿を募集している。

 同キャンペーンは、身近にある「ひらがな」を見つけて写真撮影し投稿するというフォトコンテスト形式のWebキャンペーン。たとえば、「も」に見える電柱といった1文字のひらがなに見える写真、複数の「ひらがな」文字で書かれている不思議な看板など、身のまわりにあるすべての「ひらがな」が対象となる。また、見つけたものに限らず、自分で作成したものの写真でも投稿可能だという。

 そのほか、ひらがなに関する知識を紹介する「ひらがなとりびあ」コーナーや、「ひらがなおじさん日記」コーナーなども設置。ひらがなおじさんの日々の様子や投稿された写真から気に入ったものを紹介する企画などが予定されている。

 キャンペーン終了後は、Facebookアプリでの一般投票や審査員の選定により優秀賞を決定。優秀賞は「ひらがな」にちなんだ名前がひらがなの「はわい温泉」旅行チケット、そのほかひらがなおじさんから投稿・投票への感謝を込めて、オンラインギフト券3,900円(サンキュー)分が毎日1名に贈られるという。

 さらに、全国を旅しながら各地のひらがながある風景をおさめた写真を集める「ひらがな大使」も募集。ひらがなおじさんがWebサイトを通じて出すヒントを頼りに、好きな場所へ旅行をしながらひらがなを見つけるという内容。

 大使には旅の軍資金として10万円が支給され、旅行中の様子は、Facebookにおいてレポートされる予定。応募は、国内在住の18歳以上の男女で、3月4日から31日のキャンペーン期間中に全国を旅行してひらがなの写真を投稿できることが条件となる。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)