JAXAが国際スペースキャンプに参加する中高生募集、7月韓国で開催

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、7月に韓国の済州航空宇宙博物館(JAM)で開催される「国際スペースキャンプ2014」に出席する中学2年生~高校1年生を募集している。キャンプは3泊4日間の日程で行われ、すべてのプログラムは英語で実施される。

教育・受験 学習
国際スペースキャンプ募集要項
  • 国際スペースキャンプ募集要項
  • スケジュール予定
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、7月に韓国の済州航空宇宙博物館(JAM)で開催される「国際スペースキャンプ2014」に出席する中学2年生~高校1年生を募集している。キャンプは3泊4日間の日程で行われ、すべてのプログラムは英語で実施される。

 国際スペースキャンプの主催は、韓国航空宇宙研究院(KARI)。4月末にオープン予定のJAMを会場に各国の青少年(12~16歳)が集まり、宇宙などをテーマにグループでの話し合いや報告会に参加する。キャンプの公用語は英語。文化ツアー、モデルロケット大会、水ロケット大会、キャンプファイヤー、天体観望会なども楽しむ。

 日程は、7月22日(月)から25日(木)までの3泊4日。集合・解散場所は、大韓民国の済州(チェジュ)島空港。対象は、中学2年生~高校1年生。応募資格は、全日程に参加でき、保護者の承諾を得ていること、英語で交流する意欲があること。募集人数は20人。

 費用は、現地での交通費や食費、宿泊費、観光費などは主催者負担、自宅から済州島までの往復交通費や海外旅行傷害保険料、パスポート取得費用などは自己負担となる。

 参加希望者は、所定の申込用紙と作文用紙に必要事項を記入し、JAXA宇宙教育センター内国際スペースキャンプ係へ郵送で申し込む。応募締切は、5月12日午後5時必着。選考結果は、5月中旬ごろに郵送またはメールで通知する。

◆国際スペースキャンプ2014
日程:7月22日(月)~7月25日(木)の3泊4日
場所:済州航空宇宙博物館(大韓民国・済州島)
対象:中学2年生~高校1年生
応募資格:全日程に参加できること、保護者の承諾を得ていること、英語で交流する意欲があること
募集人数:20名
公用語:英語
集合・解散場所:済州島空港
参加費:現地での交通費・食費・宿泊費・観光費などは主催者負担、自宅から済州島までの往復交通費・海外旅行傷害保険料・パスポート取得費用などは自己負担
応募方法:所定の申込用紙と作文用紙に必要事項を記入し、JAXA宇宙教育センター内国際スペースキャンプ係へ郵送で申し込む
締切:5月12日(月)17:00
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)