世界一大きな授業で先生1,000名募集、九大は5/11・18開催

 世界100か国でNGOや学校の先生たちが参加する「世界一大きな授業」が4月21日(月)より5月18日(日)まで実施されている。九州大学は5月11日(日)と5月18日(日)に、世界の教育の現状を話し合う「世界一大きな授業2014@九州大学」を開催する。

教育・受験 学習
世界一大きな授業2014
  • 世界一大きな授業2014
  • 九州大学
 世界100か国でNGOや学校の先生たちが参加する「世界一大きな授業」が4月21日(月)より5月18日(日)まで実施されている。九州大学は5月11日(日)と5月18日(日)に、世界の教育の現状を話し合う「世界一大きな授業2014@九州大学」を開催する。

 「世界一大きな授業」は、世界100か国でNGOや学校の先生たちが参加する、国際的な地球規模のイベント。「すべての子どもに教育を」を合言葉に2003年にスタートし、現在、全世界で1,000万人近くが参加。ギネスブックにも登録されている。日本では、教育協力NGOネットワーク(JNNE)が主催し全国的に行われている。

 JNNEでは、「世界一大きな授業2014」を学校で実施してくれる先生を1,000名募集している。今年は、4月21日(月)から5月18日(日)の期間で実施する。

 そのイベントの一環として「世界一大きな授業2014」を九州大学の公開講座として行う。同大学の学生と他大学の学生、一般の人々が参加して、世界の教育の現状と課題を考え話し合うことを目的としている。内容はクイズなどを交え小学生高学年から参加できるようになっている。

◆世界一大きな授業@九州大学概要
日程:2014年5月11(日)、5月18日(日)
時間:13:00~17:30
所在地 : 九州大学箱崎キャンパス 福岡県福岡市東区箱崎6-19-1
会場名 : 5月11日は共通講義棟207、305教室 5月18日は中央図書館新館4F会議室
定員:30名 (小学生高学年以上が対象)
参加費:無料
受付期限:2014年5月7日(水)
申込み:メールにて受付 同大学HP「イベント情報」を参照

◆世界一大きな授業参加方法(先生を対象)
期間:4月21日(月)~5月18日(日)
時間:45分~(すべて実施すると3時限程度になる)
対象者:小学校高年以上
想定人数:20~40名のクラス
申込方法:「世界一大きな授業2014」のホームページから 
教材:事務局からメールで届く教材・授業の手引きをダウンロードし準備
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)