【夏休み】首相官邸が特別見学会、小中学生の参加グループ募集

教育・受験 その他

昨年の様子(組閣時に大臣たちが整列する階段)
  • 昨年の様子(組閣時に大臣たちが整列する階段)
  • 昨年の様子(記者会見室)
  • 昨年の様子(公邸大ホール)
  • 実施日時
  • 応募できるグループ
 首相官邸は8月、夏休み期間中の小中学生を対象とした特別見学会を実施する。首相官邸の大ホールや記者会見室などを見学することができ、9日間にわたり、計26回行われる。学校の先生による引率が必要で、グループごとに申し込む。締切は6月30日。

 開かれた行政を目指し、政府と国民との距離を近づけるための取組みの一環として、昨年に引き続き企画された。見学できるのは、総理大臣官邸内のホワイエ、大ホール、小ホール、記者会見室、総理大臣公邸内の旧閣議室、大ホール。

 対象は、小学5年生~中学3年生、中等教育学校前期課程の生徒、特別支援学校小学部5年生~中学部生徒。人数は、1グループ40人まで。学校の先生(最大2人)の引率が必要。車いすなど介護が必要な人は、可能な範囲で介護者も付き添いできる。対象の児童・生徒であれば、学校や学年が異なっても1グループとして応募できる。個人や家族での申込みはできない。

 実施日は、8月2日(土)、9日(土)、11日(月)、12日(火)、18日(月)、19日(火)、20日(水)、23日(土)、30日(土)の9日間。時間は、土曜日が午前11時、午後1時、2時、3時からの4回、土曜日以外は11時、午後2時からの2回実施。各回1グループが見学、所要時間は1時間程度。

 応募は、首相官邸ホームページの申込専用フォームまたは往復はがきから、引率する先生が代表して申し込む。1グループにつき、1つの希望日時のみ応募できる。2つ以上の日時を希望したり、複数回応募した場合は無効となる。締切は6月30日。7月中旬ごろ、首相官邸ホームページで当選グループを発表する。往復はがきの申込みには、返信はがきで連絡する。

◆首相官邸の特別見学会
実施日:8月2日(土)、9日(土)、11日(月)、12日(火)、18日(月)、19日(火)、20日(水)、23日(土)、30日(土)
スタート時間:11時、13時(土曜のみ)、14時、15時(土曜のみ)
所要時間:約1時間
対象:小学校5年生~中学校3年生の児童・生徒、中等教育学校の前期課程の生徒、特別支援学校小学部5年生~中学部の児童・生徒
人数:1グループ40人まで
引率:学校の先生(2人まで)の引率が必要
応募方法:首相官邸ホームページの申込専用フォームまたは往復はがきから、引率者が代表して申し込む
締切:6月30日
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)