佐賀県、県立高校新入生のタブレット端末にモバイルデバイス管理ソフトウェアを導入

教育ICT 学校・塾・予備校

Optimal Biz for Mobile
  • Optimal Biz for Mobile
  • オプティム
 オプティムは5月21日、同社のモバイルデバイス管理ソフトウェア「Optimal Biz for Mobile」が佐賀県の「先進的ICT利活用教育推進事業」の学習用タブレット端末に標準搭載されたと発表した。

 佐賀県が推進する「先進的ICT利活用教育推進事業」では、全国で初めて、全県立高校に対してWindows 8の端末を学習用タブレット端末として導入することを決定。端末は1人1台の購入が必須となっているが、学校および自宅で利用する際、それぞれでネットワークの設定を変更する必要がある。教育現場では、先生の指導のもと、全学生のタブレットの設定を毎日変更することとなるが、先生の負荷増大が課題となっていた。

 今回導入する「Optimal Biz for Mobile」は、場所などの判別情報をもとにあらかじめ設定されている端末の設定を自動的に切り替える同社の特許技術「Zone Management」を搭載。「Optimal Biz for Mobile」を利用することにより、学校と自宅という異なる場所を判別し、学校にいる間は端末に対して学校のネットワーク設定(スクールモード)を適用する。

 適用された設定を生徒が変更しようとした際にも、学校内にいる間は「Optimal Biz for Mobile」が自動的に端末の設定をスクールモードに再設定。私物のネットワーク端末を利用しての意図しないインターネット使用の抑制が可能となる。また、生徒が学校外で端末を利用した際には自動的にプライベートモードに設定を変更し、自由に端末利用できるようになる。

 スクールモードとプライベートモードを自動的に切り替えることで、学習用タブレット端末を校内においては学校関係者が負荷を掛けずに厳重な管理をし、学校外では生徒が自由に利用可能になるといった、学校関係者・生徒と双方の要望を満たす環境を実現する。

 くわえて、「Optimal Biz for Mobile」を利用することで、万が一学習用タブレット端末を盗難・紛失した際にも、リモートロック(遠隔ロック)・リモートワイプ(遠隔消去)を行い、学習履歴や写真といった生徒のプライバシーに関わるデータを遠隔で保護・消去することが可能となる。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)