ベテラン教員の「優れた授業」を若手教員に配信…埼玉県教委

教育・受験 学校・塾・予備校

「学びの道場」事業
  • 「学びの道場」事業
  • 「学びの道場」公開授業
  • 「学びの道場」公開授業
 埼玉県教育委員会は、ベテラン教員の「優れた授業」を映像資料として作成。若手教員の授業力向上のために、県内の小中学校の研修用に5月21日から配信を開始した。学校向け映像を短くまとめた一般向けの映像も公開している。

 同県は、ベテラン教員の大量退職に伴い、若手教員が先輩教員の優れた授業を見る機会や授業方法を受け継ぐ機会が減少している。そのため、平成25年度から指導力に定評のある教員と協力し、公開授業や研究会を実施し、若手教員の授業力を高める事業「学びの道場」を展開している。

 今回作成した映像資料は、小学校は国語、算数、理科の3教科。中学校は国語、数学、理科の3教科。授業の様子、授業の意図の解説、授業者と若手教員のやりとりや授業者から若手教員へのアドバスが収録されている。

 映像資料は、若手教員が繰り返し視聴することで、優れた授業に触れて自ら授業力向上を図るほか、校内研修や市町村での研修で活用する。

 小中学校に配信する映像はIDとパスワードで管理するが、一般も見ることができる短くまとめた映像をホームページで公開している。

 今後「学びの道場」では、小学校では社会と外国語活動、中学校では社会と英語の授業力を高める事業を行う予定。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)