地方教育費、3年ぶり増の15兆9,261億円…耐震化工事が影響

 文部科学省は6月26日、平成24年度に支出した地方教育費調査の中間報告を公表した。地方教育費の総額は15兆9,261億円で、3年ぶりに増加した。小中学校施設で耐震化工事が多く実施され、学校教育費が増えたことが影響した。

教育・受験 学校・塾・予備校
地方教育費総額の推移(平成15年度~平成24年度)
  • 地方教育費総額の推移(平成15年度~平成24年度)
  • 教育分野別の地方教育費の構成比
  • 地方教育費の概要(平成24会計年度)
  • 教育分野別地方教育費の推移
  • 支出項目別学校教育費の推移
  • 小・中・高の在学者数と1人当たり学校教育費の推移
 文部科学省は6月26日、平成24年度に支出した地方教育費調査の中間報告を公表した。地方教育費の総額は15兆9,261億円で、3年ぶりに増加した。小中学校施設で耐震化工事が多く実施され、学校教育費が増えたことが影響した。

 平成24年度に支出された地方教育費は、前年度比582億円(0.4%)増の15兆9,261億円。教育分野別では、学校教育費が3年ぶりに増加し、社会教育費と教育行政費は減少した。

 学校教育費は、前年度比813億円(0.6%)増の13兆4,410億円。小中学校で耐震化工事が増え、建築費が例年より多額となった影響から、資本的支出が前年度より1,259億円(8.6%)の大幅増となった。

 学校種類別にみると、小学校が6兆637億円と、学校教育費全体の45.1%を占め、もっとも多かった。次いで、中学校が3兆4,466億円、高校が2兆4,625億円となった。

 在学者1人当たりの学校教育費は、小学校91万3,000円(対前年度1.5%増)、中学校105万4,000円(同0.8%増)、高校全日制111万円(同0.6%増)。各学校種において、前年度より増加した。このほか、特別支援学校は777万1,000円、高校定時制160万1,000円、専修学校149万8,000円となっている。

 社会教育費は、前年度比210億円(1.3%)減の1兆5,534億円。体育施設費が2,969億円と、社会教育費全体の23%を占め、もっとも多かった。次いで、図書館費2,409億円、公民館費1,812億円だった。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)