【大学受験2015】東進、夏の目標は「センター得点率80%」「入試全範囲修了」

教育・受験 受験

東進タイムズ7月1日号
  • 東進タイムズ7月1日号
  • 難関大現役合格者の「センター試験本番レベル模試」平均得点率
 難関大現役合格の条件は、8月末までに「センター得点率80%」「入試全範囲修了」であると、「東進タイムズ」7月1日号が特集を展開している。天王山となる夏を有意義に過ごすためには、明確な目標と計画的な学習がカギを握るといえそうだ。

 東進タイムズ7月1日号では、この春に難関大に合格した生徒の夏の成績に着目。8月の「センター試験本番レベル模試」の平均得点率は、難関国公立大現役合格者が3教科79.0%、5(または6)教科72.8%、早慶現役合格者3教科72.0%だった。難関大合格者は、夏の時点でセンター試験3教科はすでに約80%の得点率をたたき出していたという。

 また、高校3年の8月末時点の入試全範囲の学習修了率にも注目。修了率から4グループに分け、半年後の受験本番の結果を検証したところ、50%未満のグループの合格率が61.5%だったのに対し、100%のグループの合格率は86.7%となった。修了率が高くなるほど、合格率は高まり、難関大合格の比率も高くなるという。

 そこで、東進タイムズでは、8月24日(日)に実施される「センター試験本番レベル模試」で得点率80%を目指すこと、8月末までに入試全範囲の学習を修了させることの2点を「難関大現役合格の必須条件」と指摘。「目標から逆算すると、夏休み前の今、やるべきこともおのずとはっきりするはずだ」として、計画的に学習を進めるようアドバイスしている。

 「東進タイムズ」は、東進が発行する大学進学情報紙。東進のウェブサイト「東進ドットコム」でも読むことができる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)