MKタクシーが「大学入学支援制度」創設、来春入学の社会人30人を正社員採用

教育・受験 学校・塾・予備校

社会人大学入学支援採用制度
  • 社会人大学入学支援採用制度
  • 制度概要と選考の流れ
 MKタクシーを全国8都市で展開するエムケイは7月23日、「社会人大学入学支援採用制度」を創設すると発表した。「働きながら学びたい」熱意のある人を正社員として採用し、給与保証や通学優先の勤務シフトなどでサポートする。京都MKでは、学費も実質全額負担するという。

 実施するのは、京都、札幌、東京、名古屋、滋賀、大阪、神戸、福岡のMKタクシーグループ8社。対象は、高卒以上、23歳以上、普通免許取得3年以上で、同社でタクシー・ハイヤードライバーの仕事をしながら、4年制大学に通う意志のある人。

 正社員として在学中も給与が保証され、全日制・夜間コースともに通学優先のシフトで勤務できる。京都MKでは、学費も実質全額負担する。卒業後は、VIP送迎や観光ガイド業務などを担う「ファーストハイヤー」の仕事に従事。大学で得た知識や業務で身につけた経験により、接遇のプロへのステップアップ、経営幹部候補としての総合職登用も想定している。

 平成27年4月入学予定者を対象に正社員として、グループ全体で最大30人の採用を予定している。8月から10月末にかけて募集し、面接を経て入社。二種免許取得、大学の社会人入試受験を経て、入学までの半年間は通常業務を行い、入学後は大学の授業に合わせたシフトで勤務する。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)