エルモ社、画像伝送機能付き無線LANアクセスポイントを10/14発売

教育ICT 学校・塾・予備校

構成例
  • 構成例
  • 主な仕様
 エルモ社は、教育機関向けに画像伝送機能付き無線LANアクセスポイント「Interactive Communication Box」(愛称:つながるもん、型番:CRI-1)を10月14日より発売する。タブレット端末の画面を無線伝送することや、タブレット端末をモバイル電子黒板にすることができる。

 文部科学省策定の「教育の情報化ビジョン」に基づき、子どもたちに一人一台の情報端末を配布し、情報通信技術の環境を整備していくという方針のもと、タブレット端末の導入が急速に進んでいる。そこで同社は、タブレット端末やデジタルテレビ、書画カメラ、電子黒板といった複数のICT機器の接続を無線化することで煩雑な配線を減らし、先生にとって使いやすく、子どもたちにわかりやすい授業を支援するため、「Interactive Communication Box(ICB)」を発売。「先生と子どもたちを繋ぎ、教室にあるICT機器や校内サーバー等を繋いで行く」というコンセプトのもと、愛称を「つながるもん」にしたという。

 ICBは、タブレット端末の画面を大型テレビやプロジェクターに無線伝送するので、先生が教室内を自由に動きながら操作できる。また、付属の電子黒板化ソフト(ELMO Interactive Toolbox:EIT)を利用すると、タブレット端末を「モバイル電子黒板」として使用できる。

 書画カメラの映像も無線伝送できるので、書画カメラやタブレット端末附属のカメラで撮影している画面を無線で出力する。付属の電子黒板化ソフト(EIT)を組み合わせると、書画カメラのリモートコントロールや投影画面への描画もできる。

 ICT機器と連携するだけでなく、無線LANアクセスポイントとして、児童生徒用も含めて最大56台の端末が接続できる。また、校内ローミング環境も構築できる。

 価格は、CRI-1(タッチパネル対応電子黒板化ソフトEIT付)が59,800円(税別)、CRI-0(ICB単体)が54,800円(税別)、EIT(タッチパネル対応電子黒板化ソフト単体)が19,800円(税別)。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)