【高校受験2015】京都府中3進路調査、全日制希望者の8割が前期選抜を志望

教育・受験 受験

進路希望状況
  • 進路希望状況
  • 学校・学科別志望状況(京都市・乙訓通学圏)全日制
  • 学校・学科別志望状況(山城通学圏)全日制
  • 学校・学科別志望状況(中丹通学圏)全日制
 京都府教育委員会は12月3日、平成27年3月卒業予定の中学生等進路状況の結果を発表した。府内公立高等学校全日制の進学希望者14,656人のうち、11,773人が前期選抜を志望していた。各校の前期選抜でもっとも高い倍率は7.00倍(11月15日現在)。

 調査対象校は中学校195校、特別支援学校中学部18校3分校、11月15日現在の第1希望とする高等学校・学科などについてまとめた。

 平成27年3月の中学校卒業予定者は24,063人(前年度比480人減)、91.4%が府内の全日制を希望していた。内訳は公立60.9%、私立29.3%、国立0.8%。府内の定時制や府外の国公私立、通信制などを含めると、進学希望者は98.4%にのぼる。

 府内公立高等学校全日制の進学希望者14,656人のうち、前期選抜を志望者は11,773人。学校別・学科別で11月15日現在の倍率がもっとも高いのは、「桂(普通科)A方式」と「福知山(普通科)A方式」の7.00倍。そのほか倍率が高いのは、「山城(普通科)A方式1」6.75倍、「鴨沂(普通科)A方式1」5.98倍など。前年度に倍率が高かった「田辺(普通科)A方式」は5.45倍、「城陽(普通科)A方式」は5.63倍となっている。

 前期選抜の願書受付期間は平成27年2月3日(火)から5日(木)、学力検査は2月16日(月)と17日(火)に実施。合格発表は2月20日(金)に行われる。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)