【高校受験2015】福岡県、昨年との変更点…学力検査問題の冊子化など

教育・受験 受験

パンフレット「県立高校をめざすみなさんへ」
  • パンフレット「県立高校をめざすみなさんへ」
  • 昨年度からの主な変更点
  • 新旧対照表
  • 学力検査問題を冊子に変更
 福岡県は平成27(2015)年度県立高等学校入学者選抜より、文字や図を見やすくするため、学力検査問題の用紙を冊子化する。また、検査時間の変更や、西田川高校で個性重視の特別試験を新たに実施するなど、昨年との変更点を掲載している。

 昨年度からの主な変更点は、問題用紙の冊子化と、冊子化により英語のリスニングテストと筆記テストを引き続いて実施することに伴い、英語と数学(追加問題)の検査時間を変更する。また、個性重視の特別試験を新たに西田川高校(普通科)で実施するほか、久留米筑水高校で試験方法を変更する。

 学力検査問題の変更点は、問題用紙の大きさ・枚数をこれまでのA3判2枚(英語は3枚)からA4版の冊子(6~8ページ程度)に変更する。変更後の問題冊子の見本を県のホームページに掲載している。また、解答欄はこれまで問題用紙の中にあったものを問題冊子とは別の解答用紙に記入し、問題用紙は持ち帰り可能となる。なお、文字や図を見やすくするための変更であり、出題方針や問題量に変更はない。

 一般入試は、願書受付が2月16日~23日正午(学区外入学志願の申請受付は2月5日~27日正午)、志願先変更受付が2月24日~27日正午。学力検査が3月10日、個性重視の特別試験を実施する学校は10日の学力検査終了後もしくは11日に行う。合格発表は3月17日。

 県のホームページには、進路決定の参考となるパンフレット「県立高校をめざすみなさんへ」や、平成27年度福岡県立高等学校入学者選抜要項、変更後の問題冊子の見本などが掲載されている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)