エコ大学、日本工業など6校が5つ星獲得

 NPO法人エコ・リーグは1月30日、「第6回エコ大学ランキング」を発表した。総合部門最高評価となる「5つ星エコ大学」には、岩手大学、京都工業繊維大学、郡山女子大学、静岡大学、日本工業大学、三重大学の6校が選定された。

教育・受験 学校・塾・予備校
第6回エコ大学ランキング表彰式
  • 第6回エコ大学ランキング表彰式
  • 「5つ星エコ大学」マーク
  • 再生可能エネルギー設備容量推移
  • 特定規模電気事業者(PPS)利用校数の推移
  • 時間割とシラバスのペーパーレス化実施状況
  • レジュメのペーパーレス化実施状況
 NPO法人エコ・リーグは1月30日、「第6回エコ大学ランキング」を発表した。総合部門最高評価となる「5つ星エコ大学」には、岩手大学、京都工業繊維大学、郡山女子大学、静岡大学、日本工業大学、三重大学の6校が選定された。

 「エコ大学ランキング」は、大学の環境対策を評価する取組みとして2009年から実施している。2014年度は、全国753校の対象大学のうち、146校が回答。「エネルギー・CO2」「廃棄物・資源循環」「環境人材育成・研究」「環境マネジメント・USR」の4セクション305項目を調査した。

 なお、総合部門は前年度まで順位による発表と上位3校までの表彰としていたが、2014年度からは5段階のレーティング評価に変更。総合得点が1000点満点中600点以上の大学を「5つ星エコ大学」として表彰している。

 総合部門で最高評価となる「5つ星エコ大学」に選定されたのは、岩手大学、京都工業繊維大学、郡山女子大学、静岡大学、日本工業大学 宮代キャンパス、三重大学 上浜キャンパスの6大学。6校中4校を国立大学が占めた。このうち、京都工業繊維大学と静岡大学は初受賞。資源循環や環境マネジメント部門で特に高い評価を得た。

 温室効果ガス削減率部門(5年間平均)は、1位「十文字学園女子大学・短期大学部」、2位「東洋英和女学院大学」、3位「共立女子大学 神田一ツ橋キャンパス」。いずれも首都圏の私立女子大が選ばれた。

 再生可能エネルギー導入率部門は、1位「郡山女子大学・短期大学部」、2位「日本工業大学」、3位「高知県立大学 池キャンパス」が選定された。

 調査結果によると、大学のキャンパス内では太陽光発電など再生可能エネルギーの利用や設備容量が拡大しており、2014年度は回答した123校のうち、53校が導入していた。特定規模電気事業者(PPS)の利用校も年々増えているという。

 ペーパーレス化については、シラバス(講義計画)は電子化していない大学がわずか1校と電子化が進んでいたが、4割以上の大学では冊子も配布していた。時間割については、部分的に電子化が進んでいたものの、配布が主流だった。レジュメ(講義資料)の電子化については、7割以上の大学が「教員の自主判断」とした。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)