【高校受験2015】三重県立高校(前期)の志願状況

 三重県教育委員会は2月3日、平成27(2015)年度三重県立高校入試について、前期選抜の志願状況を発表した。志願倍率がもっとも高いのは、四日市西(比較文化・歴史コース)6.9倍。検査は2月9日(月)および10日(火)に行われる。

教育・受験 受験
全日制課程の志願状況(一部)
  • 全日制課程の志願状況(一部)
  • 入試実施要項(一部)
 三重県教育委員会は2月3日、平成27(2015)年度三重県立高校入試について、前期選抜の志願状況を発表した。志願倍率がもっとも高いのは、四日市西(比較文化・歴史コース)6.9倍。検査は2月9日(月)および10日(火)に行われる。

 前期選抜は、1月28日(水)~2月2日(月)に願書を受け付けた。前期選抜の募集枠は高校によって異なる。桑名(衛星看護科)と四日市四郷(普通科・スポーツ科学コース)、飯野(応用デザイン科)、白子(普通科・文化教養コース)、松坂工業(繊維デザイン科)、相可(食物調理科)、昴学園(総合学科)は前期選抜のみ実施し、後期選抜は実施しない。

 志願倍率がもっとも高いのは、四日市西(比較文化・歴史コース)6.9倍、川越(国際文理)5.53倍、津西(国際科学)4.9倍、名張西(普通)4.71倍が続いた。

 検査は、2月9日(月)または10日(火)に面接、自己表現、作文、小論文、実技検査および学力検査等のうち、各高校が指定した項目を実施する。なお、学力検査は2月9日(月)に実施する。合格内定は2月16日(月)に出身中学校長に通知。合格発表は3月18日(水)9時30分に志願先高校で合格者の受検番号を掲示する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)