近畿大学、ベルリッツと連携した「国際学部」2016年4月新設

教育・受験 学校・塾・予備校

2016年4月新設の「国際学部」
  • 2016年4月新設の「国際学部」
  • 改組予定の「法学部」
  • 改組予定の「文芸学部」
  • 文芸学部では「文化デザイン学科」を新設予定
  • 近畿大学ホームページ
 近畿大学は、2014年5月に発表した「外国語・国際系学部」の開設構想について、学部名称を「国際学部」とすることを正式に発表した。学部新設は2016年4月を予定。学部新設にあたり、高度な語学学習を提供するベルリッツコーポレーションと連携協力するという。

 国際学部は、15人以下の少人数語学授業を導入し、入学時から能力別の語学教育を徹底。学生全員が1年次後期から1年間、海外に留学するカリキュラムになるという。また、語学・グローバル人材育成企業であるベルリッツと連携。多くのビジネスパーソンを育ててきた語学教育ノウハウを生かし、社会で通用するビジネス英語を在学中から身につけることを目指す。

 国際学部の入学定員は500人を予定。設置学科は「国際学科」、専攻は「グローバル専攻」と「東アジア専攻」の2つが設置される。グローバル専攻では、アメリカに1年間留学。ベルリッツのノウハウを生かしたビジネス英語を徹底的に学ぶ。東アジア専攻では、中国・韓国・台湾のいずれかに1年間留学。英語もしっかり学習し、3か国語を操るグローバル人材を目指す。なお、学部新設に合わせ、国際学部棟が新たに完成される予定。

 また、同大では、2016年4月に同時に法学部、文芸学部の改組、産業理工学部の学科名称変更を予定しているとのこと。法学部では、従来の2学科から1学科体制へ。文芸学部では、「文化デザイン学科(設置届出予定)」が新設される。産業理工学部では、「電気通信工学科」を「電気電子工学科」へと名称変更予定だ。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)