DMM、会話もできる家庭用スマートロボット予約受付開始

デジタル生活 その他

家庭用のスマートロボット
  • 家庭用のスマートロボット
  • 家庭用のスマートロボット
  • 家庭用のスマートロボット
  • 家庭用のスマートロボット
  • 家庭用のスマートロボット
「ドラえもんみたいな便利な家庭用ロボットが欲しい」。そんな夢のような願いが、いまは現実味を帯び始めているのだと思わされるニュースが飛び込んできた。

Webを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社「DMM.com」が、家庭用のスマートロボットの予約販売を4月1日(水)より開始した。今回予約販売されるロボットは4体。それぞれに個性あふれるユニークなロボットがラインナップしている。

ロボットの種類にはオーナーと会話ができるコミュニケーションロボットと、操作して一緒に遊んだり、ダンスを踊ってくれたりするホビーロボットの2種類があり、今回コミュニケーションロボットに、富士ソフト社製の「Palmi(パルミー)」(321,840円)と、ユカイ工学社製の「BOCCO(ボッコ)」(31,320円)、ホビーロボットにプレンプロジェクト社製「PLEN.D(プレン.ディー)」(181,440円)とデアゴスティーニ社との特別タイアップ企画である「Robi(ロビ)組立代行バージョン」(213,840円)が登場する。

「Palmi(パルミー)」は、人との会話を通じて成長しいていく感情豊かなロボットで今日の天気やニュースを教えてくれるだけでなく、オーナーとの会話を通じて、オーナーを理解し、話を聞いてくれるようにもなるという。話せば話すほど愛着が湧いてくるロボット。ユカイ工学社製の「BOCCO(ボッコ)」は、外出先と家との間で簡単に伝言を送ることができ、小さい子どもが家に帰るとセンサーで感知して両親のスマホへ連絡したり、両親からのメッセージを音声や文字で子どもに伝えるなどしてくれる家の様子を見守るロボットだ。

またホビーロボットには、プレンプロジェクト社製のユーザー自身で組み立てる運動神経が抜群なロボット「PLEN.D(プレン.ディー)」や、組み立てが苦手だなという人には、完成品が届けられるる「Robi(ロビ)組立代行バージョン」がラインナップ。

さらに8月に予約販売がスタートする 「プリメイドAI(プリメイド・アイ)」は、世界初のメイド型本格ダンシングロボットで、好きなダンスデータをダウンロードして機体に転送すれば、それだけで本格的なダンスを自宅で再現できるという。

かつては無機質なイメージのあったロボットだが、技術の革新とともに人の生活に寄り添う便利で、楽しめるアイテムに成長してきたのかもしれない。

同社では、今後も「楽しめる」、「役に立つ」をコンセプトとしたスマートロボットの製品ラインナップ追加や、グローバル展開も視野に入れた展開を行っていくという。また、4月5日(日)ららぽーとTOKYO-BAY(北館2階 ゼビオ前)にて、DMM.make ROBOTS タッチアンドトライイベントが開催される。

ユニークで個性豊かなロボットがやってくる! 家庭用スマートロボットが予約受付開始

《text:Miwa Ogata》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)