パイオニアVC、CamiApp S連携で紙を使った協働学習を実現

教育ICT 学校・塾・予備校

「CamiApp S」と「xSync」の連携ソリューション
  • 「CamiApp S」と「xSync」の連携ソリューション
  • CamiApp S
 パイオニアVCは5月13日、生徒が専用ペンで紙のノートに手書きした内容をデータ化して電子黒板に表示、比較することができる協働学習ソリューションを提供すると発表した。紙を活用した協働学習を実現する。

 同ソリューションは、コクヨS&Tが販売する、紙のノートに書いてチェックするだけでデータ化できるデジタルノート「CamiApp S(キャミアップエス)」と、協働学習を実現するプラットフォーム「xSync(バイ シンク)」を連携したもの。生徒が専用ペンでノートに手書きした内容を「xSync」に取り込み、電子黒板に表示、比較することができる。

 「CamiApp S」と「xSync」の連携ソリューションは、5月20日~22日に東京ビッグサイトで開催される「第6回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に展示する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)