芝浦工大「第9回 大学開放DAY!」6/7…科学体験コーナーなど

教育・受験 学校・塾・予備校

第9回 大学開放DAY!
  • 第9回 大学開放DAY!
  • 過去の大学開放DAY!のようす
  • 過去の大学開放DAY!のようす
  • 芝浦工業大学の研究のようす
 芝浦工業大学は、6月7日、豊洲キャンパスにて「第9回 大学開放DAY!」を開催する。同大のプロジェクトとさかなクンのコラボイベントや、各学科の体験型展示コーナー、近隣企業による科学体験コーナーなど1日楽しめるイベントとなっている。

 同イベントは、2006年の豊洲キャンパス開校以来、地域に大学の知を開放し、子どもたちへものづくりの楽しさを伝えることを目的として毎年開催しているもの。例年、豊洲キャンパス近隣の子どもや家族を中心におよそ1,500名の来場があるという。

 今年のテーマは、「テクノロじいさんの不思議の工房~みて、さわって、つくってみよう!~」。科学やものづくりの楽しさに触れ、大学をより身近に感じることができるような27の企画が開催される。

 メインイベントとして、同大が技術協力し世界初の水深7,800mの深海探査に成功した「江戸っ子1号」プロジェクトについてさかなクンがクイズを出題するコラボイベントを実施。そのほか、近隣企業の協力による壊れたおもちゃを直す「おもちゃ病院」や、「世界にひとつだけの缶詰づくり」などの体験企画、学科の最先端科学に触れられるコーナーや子どもが楽しく参加できるプラネタリウムやバルーンアートなどのコーナーも設けられる。

 当日は、学食も開放。500円(税込)のワンコインで学食体験ができる。また、小さな子ども連れの家族も安心して参加できるように、オムツ替え室、授乳室、休憩室など、専用の教室を用意するほか、ベビーカー置き場も用意。今年も多くの来場者に参加してもらうことを目指しているという。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)