【夏休み】デジハリ、リタリコ共同講座「はじめてのアプリ開発」

デジタル生活 ソフト・アプリ

はじめてのアプリ開発
  • はじめてのアプリ開発
  • Qremo
  • LITALICO
 デジタルハリウッドは、LITALOCO(リタリコ)が運営する子ども向けIT×ものづくり教室の「Qremo(クレモ)」と共同で、「はじめてのアプリ開発」を開講する。会場は「Qremo」が主催するサマーラボ内で、7~8月全20回開催。各回定員12名。

 この講座ではデジタルハリウッドが提供する「JointApps(ジョイントアップス)」というアプリ制作体験アプリを使用し、自分の声で演奏する楽器のアプリを作る。プログラミング未経験でも、楽しみながらアプリを制作することが可能という。

 JointAppsは、「きっかけ」「アクション」「表示」「データ」4種類のブロックのつながりと、ページの移動でアプリを作成するため、Scratchなどのビジュアルプログラミングツールと違って、各ページを構成する要素は何か、ということを強く意識して考えなければいけないという。

 まず何が作りたいのかを考えて要素を整理・設計し、論理的に作り上げるという経験は、その後のビジュアルプログラミングツールの学習や、プログラミング記述学習へのステップアップに役立てられる。

 作成したアプリは、保護者のスマートフォンで持ち帰ることができる。

◆はじめてのアプリ開発
日時:
7月11日(土)10:00~12:30※無料開催、デジタルハリウッド大学院とのコラボによる保護者向けセミナー付
7月15日(水)19:00~20:30
7月16日(木)15:00~16:30
7月19日(日)17:00~18:30
7月22日(水)19:00~20:30
7月23日(木)15:00~16:30
7月24日(金)15:00~16:30
7月26日(日)17:00~18:30
など、7月・8月全20回、1回90分。
会場:Qremo渋谷校
対象:小学3年生以上の子どもとその保護者
定員:各回12名(先着順)
費用:5,000円(税抜)※7月11日(土)のみ無料開催
講座の詳細・申込み方法はWebサイトを参照
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)