映画やドラマをスマホで視聴、10代は過半数に

デジタル生活 モバイル

スマートフォンからの「映画やドラマなどの動画」コンテンツの利用率
  • スマートフォンからの「映画やドラマなどの動画」コンテンツの利用率
  • 今後利用したい「映画やドラマなどの動画」のデジタルコンテンツのサービスプラン
  • 動画広告に対する意識(あてはまる + まあ、あてはまる)
 ニールセンは30日、スマートフォンユーザーの動画コンテンツの利用状況および動画広告に対する意識分析の結果を発表した。ベースとなる「スマートフォン・メディア利用実態調査レポート」は6月9日~6月10日にかけて実施され、13歳~69歳の男女3,010人から回答を得たもの。

 同レポートによると、「映画やドラマなどの動画」コンテンツを、スマホで視聴している人は全体の36%。これを年代別にみると、10代では55%と半数を超えていた。

 「動画コンテンツについて今後利用したい(今後も利用したい)サービスプラン」では、「広告が表示される無料プラン」36%が最多。2位「定額料金で利用し放題のプラン」6%と6倍の差となっている。年代別では、若くなるほど「広告が表示される無料プラン」の利用意向者が多かった。

 そこで「動画広告」の内容について聞くと、「コンテンツが無料で利用できるなら、動画広告が流れても良い」という回答は34%。「コンテンツに関連していれば流れても良い」27%、「音声がなければ流れて良い」24%なども一定数存在した。

10代スマホユーザー、「映画やドラマをスマホで視聴」過半数に

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)