SFC研究所、未来のモバイルアイデア募集

 慶應義塾大学SFC研究所主催による第6回「スマホ未来コンテスト」が開催される。応募資格は小・中・高校生・専門学校生・大学・大学院生で、応募期間は9月30日まで。スマホ社会の未来を明るくするアイデアを広く募集する。

デジタル生活 モバイル
第6回スマホ未来コンテスト
  • 第6回スマホ未来コンテスト
  • 第5回スマホ未来コンテスト「最優秀賞」
 慶應義塾大学SFC研究所主催による第6回「スマホ未来コンテスト」が開催される。応募資格は小・中・高校生・専門学校生・大学・大学院生で、応募期間は9月30日まで。スマホ社会の未来を明るくするアイデアを広く募集する。

 「スマホ未来コンテスト」は、「スマートフォンで、未来の社会をより明るく、楽しく、優しくする」をテーマに、次世代のスマートフォンや新しいメディアを使った未来の情報社会をより明るく楽しくする作品・アイデアを募集するもの。

 近年、腕時計型・メガネ型デバイスなど新しい形や機能をもったモバイルメディアが登場し、私たちの生活・行動を支援している。今後さらに進化発展すると思われる未来のモバイルメディアについて、負の部分を無くしプラスの部分をさらに増幅していくためにどのような形、機能、アイデアがあるのかを全国の小学生から大学院生を対象に募る。

 募集内容は「未来のモバイルメディア」についてのアイデアで、現在の技術では実現不可能なアイデアでも構わない。表現方法は、形状をデザインした「かたち」(粘土・モックアップ・3Dデザインなど)と、働きを説明した「機能」(ポスター・スケッチ・アプリケーションなど)、さらに「かたち」と「機能」の組合わせの3つのうちのいずれかで表現。アイデアの概要文なども一緒に提出する。

 応募期間は9月30日まで。11月9日までに第一次審査結果をメールで通知し、第一次審査通過作品は11月に東京・六本木で開催される「SFC Open Research Forum 2015」において、最終審査および表彰が行われる。

◆第6回スマホ未来コンテスト
募集内容:「未来のモバイルメディア」について
応募資格:小・中・高校生・専門学校生・大学・大学院生
応募期間:9月30日(水)まで
応募方法:現在準備中。随時特設Webサイトにて発表
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)