【夏休み】鉄道ワークショップも開催「こども鉄道作品展」8/18-31

趣味・娯楽 その他

こども鉄道作品展
  • こども鉄道作品展
  • 第5回の展示作品
  • ワークショップ開催スケジュール
  • 鉄道博物館
 JR東日本グループは、8月18日から31日までの期間、子どもたちにもっと鉄道を身近に感じてもらうためのイベント「第6回こども鉄道作品展」を鉄道博物館にて開催する。園児の絵画展示や、鉄道に関するワークショップなどさまざまなプログラムが行われる。

 JR東日本グループは、子育て支援事業「HAPPY CHILD PROJECT」として、「駅型保育園」 や「駅型学童」などの子育て支援施設の開設や親子で楽しめるイベント開催に積極的に取り組んでおり、同イベントもその一環として開催されるもの。第6回となる2015年は、駅型保育園に通う園児800名が「でんしゃ」をテーマに描いた夢あふれる絵画を展示するほか、「HAPPY CHILD PROJECT」の取組みをパネル展示する。

 また、会期中は5種類のワークショップを開催。小学生以下の児童を対象とした「新幹線ペーパークラフト教室」「乗車マナー教室と駅員制帽のサンバイザー制作」「電車ごっこで学ぶ親子鉄道安全教室」はいずれも参加費無料にて親子で楽しむことができる。

 また、今回は同イベント初めての小学校中~高学年を対象としたワークショップも実施。大きなジオラマで作った街に鉄道模型を走らせるワークショップや、クイズを通して電車が走る仕組みを学ぶワークショップが行われる。

 ワークショップの参加は無料だが、一部材料費として500円がかかる。事前申込みは不要。自由参加のものと当日整理券を配布するプログラムがある。会期中、日ごとに開催するワークショップが異なるため事前の確認が必要。

◆第6回こども鉄道作品展
日時:2015年8月18日(火)~8月31日(月)10:00~18:00
会場:鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47)
入場料:鉄道博物館入館料 一般1,000円、小・中・高生500円、幼児200円(税込)
展示:こども鉄道作品展、「HAPPY CHILD PROJECT」の事業紹介
ワークショップ:
【新幹線ペーパークラフト教室】
対象:小学生以下の児童及およびその保護者
開催日:8月20日(木)、21日(金)、27日(木)、28日(金)、31日(月)
開催時間:11:00~13:00、14:00~17:00
所要時間:20分程度
会場:鉄道博物館2階・作品展会場前
参加方法:会場にて順次案内(予約不要)
参加費:無料
【乗車マナー教室と駅員制帽のサンバイザー制作】
対象:小学生以下の児童及およびその保護者
開催日:8月22日(土)
開催時間:10:30~、11:15~、13:00~、13:45~、14:45~、15:30~
所要時間:30分程度
会場:鉄道博物館2階・作品展会場前
定員:各回、児童24名(保護者1名まで)
参加方法:開催当日10時より会場にて整理券配布(全開催分)
参加費:無料
【電車ごっこで学ぶ親子鉄道安全教室~内房線運転士・車掌と楽しく学ぼう!~】
対象:小学生以下の児童及およびその保護者
開催日:8月29日(土)
開催時間:11:15~、13:00~、14:00~、15:00~
所要時間:30分程度
会場:鉄道博物館2階・ジオラマ室前
定員:各回、児童25名(保護者2名まで)
参加方法:開催当日10時より会場にて整理券配布(全開催分)
参加費:無料
【自分だけの街を考えよう!鉄道模型で街づくり】
対象:小学3~6年生およびその保護者
開催日:8月23日(日)、30日(日)
開催時間:10:30~、12:30~、14:00~、15:00~
所要時間:60分程度
会場:鉄道博物館2階・作品展会場前
定員:各回、児童25名(保護者1名まで)
参加方法:開催当日10時より会場にて整理券配布(全開催分)
参加費:500円(材料費・税込)
【不思議を解明!電車が走る仕組みを学ぼう】
対象:小学3~6年生およびその保護者
開催日:8月23日(日)、30日(日)
開催時間:12:30~、15:30~
所要時間:60分程度
会場:鉄道博物館2階・ジオラマ室前
定員:各回、児童25名(保護者は見学のみ)
参加方法:開催当日10時より会場にて整理券配布(全開催分)
参加費:無料
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)