人気企画リニューアル、8月は大道仮説実験や「び生物」ウォッチ

 ルネサンス大阪高等学校は、8月、10月、12月、3月に「教育ワークショップ@大阪」を開催する。夏休み時期は、自由研究の参考にもなるプログラムを企画、実施する。費用やその他詳細はWebサイトで確認できる。

教育・受験 学校・塾・予備校
<たのしい仮説実験>ワークショップ
  • <たのしい仮説実験>ワークショップ
  • び生物ウォッチ
  • ルネサンス高等学校グループ
  • ルネサンス大阪高等学校 アクセス
 ルネサンス大阪高等学校は、8月、10月、12月、3月に「教育ワークショップ@大阪」を開催する。夏休み時期は、自由研究の参考にもなるプログラムを企画、実施する。

 ルネサンス大阪高等学校は、平成26年度より地域貢献の一環として「教育トーク@大阪」シリーズを開催してきた。初年度であった平成26年度を踏まえ、平成27年度はより親密に市民と交流する機会を設けるべく、実技や参加を主とする「大道仮説実験講座」および「微生物観察会」を軸とした「教育ワークショップ@大阪」にリニューアルした。

 8月に開催される大道仮説実験講座は、「どっか~ん!」講座。講座は、テーマに基づき起こりうる科学現象を予想し、どれが正しいか実験で検証をしていく。当日は、おみやげ実験グッズ「どっか~ん!カード」も作成する。開催は8月5日午前10時半から午後2時半で、ルネサンス大阪高等学校にて開催する。なお、「どっか~ん!」講座のあとは、午後1時から2時半まで「モルQカードゲーム『ぶんしっし』」ワークショップも開催される。

 「大道仮説実験講座」は、同校理科担当講師とNPO法人楽知ん研究所を主宰する宮地祐司氏が講師となり、小学校低学年から大人までを科学の世界に誘うプログラム。これまでも名古屋市を拠点に度々開催されており、毎回参加者から好評を得ているようだ。お子さまが高校生になり参加しなくなっても、保護者が参加することもあるという。

 また、8月20日には同校にてワークショップ「『び生物』ウォッチ」が開催される。当日は、午後1時半から3時まで、顕微鏡を使った「び生物」の観察する。夏休みの自由研究にも生かせる内容で、海や川、湖に棲むたくさんの微生物の生態や働きを学べる。当日の指導教員は、ルネサンス大阪高校・教育デザイン室長、博士の竹内準一氏。少人数で実験を行うため担当講師より個別に指導を受けられる。

 いずれのワークショップも、応募はルネサンス高等学校グループWebサイトの申込みフォームを利用する。各回、定員は親子孫20組。費用やその他詳細はWebサイトで確認できる。

◆教育ワークショップ@大阪
場所:ルネサンス大阪高等学校
・<たのしい仮説実験>ワークショップ
大道仮説実験<どっか~ん!>講座
日程:8月5日(水)10:30~14:30
費用:300円/セット
定員:親子孫20組

・モルQカードゲーム「ぶんしっし」ワークショップ
日程:8月5日(水)13:00~14:30
費用:1,400円/セット(希望者のみ)
定員:親子孫20組

・「び生物」ウォッチ
日程:8月20日(木)13:30~15:00
費用:無料
定員:10名
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)