教育の地域格差解消へ…勉強サプリが被災地でオンライン授業

教育ICT 学校・塾・予備校

勉強サプリ
  • 勉強サプリ
  • コラボ・スクール
 リクルートマーケティングパートナーズが運営するオンライン教育サービス「勉強サプリ」は、被災地の放課後学校「コラボ・スクール大槌臨学舎」とコラボレーションし、岩手県大槌町にて一流カリスマ先生の動画授業を利用したオンライン教育塾を開始すると発表した。

 勉強サプリは、自宅のパソコンやタブレットを使い月額980円で授業動画やドリルなどの機能を使い放題で利用できる小・中学生向けのオンライン学習サービス。一方、コラボ・スクール大槌臨学舎は、カタリバが2011年12月に岩手県大槌町に開校した、震災の影響により安心して勉強できる場所を失った子どもたちのための放課後学校だ。

 このたびのコラボレーションは、「教育環境における地域格差・経済格差を解消したい」という両者共通の想いを軸に、いまだ仮設住宅で暮らす子どもたちが3割を超す大槌町において、地方に住んでいるため良い予備校や塾に通うことができない、震災の影響で十分に学習できる環境にない、といった教育環境における「不」を解決すべく実現したものだという。

 今回は、コラボ・スクール大槌臨学舎に通う小学4年生~中学3年生を対象に、7月27日~31日、8月3日~7日の計10日間、勉強サプリを利用した算数(数学)・理科・社会の夏期講習講座を無料で実施する。オンラインならではの特性を活かし、地方にいながら一流の先生の授業を受けられるほか、ひとりひとりの理解度に合わせて勉強サプリのドリルなどを利用する。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)