東大寺に奉納、数学問題の優秀解答が決定

教育・受験 学習

算額1・2・3
  • 算額1・2・3
  • 東大寺算額イメージ(問題1)
  • 東大寺算額イメージ(問題2)
  • 東大寺算額イメージ(説明)
 日本数学検定協会は、2015年1月23日に華厳宗大本山「東大寺」に奉納した数学の額「算額」の解答を募集し、7月31日に締め切り、優秀解答を選出した。問題1は優秀解答該当なし、問題2は「文ちゃん」さんの解答が優秀解答に選出された。

 算額とは、江戸時代に数学者や一般庶民の数学愛好家たちが、額や絵馬に数学の問題や解法を記し、神社や仏閣に奉納しあったというもの。日本数学検定協会が、同協会の理念「算数・数学への興味喚起」のもと現代に復興し、東大寺に奉納した算額の解答募集を企画した。

 2015年1月に奉納した算額(たて68cm×よこ56cmを2体、たて68cm×よこ118cmを1体)は、東大寺の大仏様に関する問題が2問だった。応募総数は問題1、2を合わせて21件で、それらを同協会の選考委員が選考した。

 問題1については、応募解答がすべて同一の解法で求められていたため優秀解答は「該当なし」、問題2は多くの応募者とは異なるアプローチで解いた「文ちゃん」さん(79歳)の解答が、優秀解答に選出された。

 なお、同協会では、毎年1月23日を「算額文化を広める日」として、今後も継続的な問題の発表を予定している。
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)