1等商品ラインアップ拡充、夢ふくらむ「2016年用年賀はがき」

 日本郵便は、2016年用年賀はがきを10月29日から販売すると発表した。2016年はお年玉くじ1等の商品ラインアップが拡大し「現金10万円」をはじめとした7点の中から1点選べるようになるという。

生活・健康 その他
郵便年賀.jp プレサイト
  • 郵便年賀.jp プレサイト
  • ウェブキャラ年賀(デザイン一例)
  • ウェブキャラ年賀(デザイン一例)
  • ウェブキャラ年賀(デザイン一例)
 日本郵便は、2016年用年賀はがきを10月29日から販売すると発表した。2016年はお年玉くじ1等の商品ラインアップが拡大し「現金10万円」をはじめとした7点の中から1点選べるようになるという。8月31日からはインターネットでの先行予約受付を開始している。

 年賀状の販売期間は、2015年10月29日から2016年1月8日まで。インターネットでは年賀特設サイト「郵便年賀.jp」のプレサイトを8月31日よりオープンしており、同時に予約受付も開始している。年賀郵便の引受けは12月15日から行う予定。

 お年玉くじの抽せんは2016年1月17日に実施する。今回は1等賞品(100万本に1本)がより夢のある賞品ラインアップへと拡大しており、現金が前年までの1万円から10倍の「10万円」になるほか、旅行や家電など計7点の中から好きなものを1つ選ぶことができるようになる。また、2等賞品(1万本に1本)はふるさと小包などが当たる。

 さらに今回は、新たなサービス「ウェブキャラ年賀」が登場。パソコンやスマートフォンの専用サイトから、ディズニーツムツムやハローキティ、ふなっしー、スターウォーズといった11種類のキャラクターが料額印面(切手部分)や通信面にデザインされた年賀はがきを1枚から購入でき、宛名を印字してそのまま差出し注文ができるという。同サービスの申込受付はパソコンが9月29日から、スマートフォンが10月29日からとなっている。

 そのほか、キヤノン、セイコーエプソン、ブラザー工業の各プリント用アプリとの連携によりスマートフォンの「はがきデザインキット」上で作成したデザインを簡単にプリンターで印刷できるサービスや、LINEとの連携により住所を知らないLINE上の友人に対して紙の年賀状を贈ることができるサービスなどを提供する。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)