火や包丁を使わないレシピ、平野レミ監修食育アプリ登場

デジタル生活 未就学児

食育アプリ「ミセス・レミーのタッチフード」
  • 食育アプリ「ミセス・レミーのタッチフード」
  • 食育アプリ「ミセス・レミーのタッチフード」
  • 食育アプリ「ミセス・レミーのタッチフード」
  • 食育アプリ「ミセス・レミーのタッチフード」
  • 食育アプリ「ミセス・レミーのタッチフード」
  • 食育アプリ「ミセス・レミーのタッチフード」
  • 食育アプリ「ミセス・レミーのタッチフード」
  • 食育アプリ「ミセス・レミーのタッチフード」
 Remyは10月8日、未就学児向けの食育アプリ「ミセス・レミーのタッチフード」をリリースした。無料で遊べる9つの食育ゲームのほか、子どもだけで作れるレシピなど、学んで遊べる食育アプリだ。

 「ミセス・レミーのタッチフード」は、日本食が無形文化遺産に登録され、日本の食に注目が集まるなか、「料理の楽しさ」や「食の大切さ」を、未来の担う子どもたちにしっかりと伝えていきたいという思いから開発された。

 食育と知育をエンターテイメントで融合させた食育アプリで、食の疑似体験を通して、食に対する興味関心を喚起し、子どもたちの想像力や考える力、豊かな心を育てるという。

 アプリのトップ画面から「こどもレシピ」を見ることができる。火も包丁も使わずに子どもだけで作れるレシピを見ることができるので、初めてのお料理づくりでも安心。バーチャルからリアルへの架け橋になることも、このアプリの使命だという。

 無料で楽しめる遊びは9種類。今後、アプリの更新ごとに遊びは追加され、アプリ内課金で利用可能になる。

◆ミセス・レミーのタッチフード
料金:無料(アプリ内課金あり)
ダウンロード:App Store、Google Playより

《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)