チームラボ、ハッカソン開催…高専生がChrome拡張機能開発に挑戦

教育ICT 高校生

チームラボ・オンラインハッカソン
  • チームラボ・オンラインハッカソン
  • ハッカソン開催までの流れ
 チームラボは、全国の高専生を対象にインターネット上で参加できるオンラインハッカソンを11月21日に開催する。応募者の中からランダムに選ばれた5~6人でチームを作り、Chromeの拡張機能の開発に挑む。優秀チームには賞金が贈呈される。

 今回の企画は、ソフトウェア開発分野のプログラマーなどが一定期間集中的にプログラム開発などの共同作業を行い技術やアイデアを競うイベント「ハッカソン」を、インターネット上で全国の高専生を対象に展開するチームラボ主催のイベント。

 オンラインハッカソンまでは、11月8日までに応募した参加希望者をチームラボがランダムに振り分け、5~6人のチームを作り11月11日に発表する流れ。オンラインハッカソンの当日は、インターネット上のチャット機能を利用して自己紹介やアイデア出し、ハッカソンを行い、発表、表彰までを1日で集中的に行う。

 Chrome拡張機能の開発テーマは「高専生をつなぐソフトウェア(デジタルで高専生をつなぐ拡張機能)」。1チームにつき1人、チームラボのメンバーがファシリテーター兼プレゼンテーターとしてサポート参加する。参加対象は、プログラミングが好き、ものづくりの仲間が欲しい、一緒に開発できる仲間がほしい、といった志しを持つ高専生(応募時点)。募集人数に上限はなく、多くの高専生の参加を募集している。

◆チームラボ「オンラインハッカソン」
日時:2015年11月21日(土)10:00~19:00
場所:オンライン
対象:高専生(応募時点)
募集人数:上限なし※予想を遥かに上回った場合のみ抽選
参加費:無料
応募期間:11月8日(日)23:59まで
応募方法:特設サイトの応募フォームから申し込む
用意するもの:PC(Win・Macどちらでも可)、ネット環境
使用するチャットツール:チャットワーク
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)