トッカ・ボッカが子どもの視点で世界を紹介…第1弾は「ランチ、何食べた?」

 スウェーデン生まれの遊びのスタジオ、トッカ・ボッカ社は、子どもから見た世界を紹介する「キッズ・アイ・ビュー・プロジェクト」を実施。第1弾は“ランチ、何食べた?”というテーマで、6か国・10人の子どもたちの写真とコメントを英語Webサイトで公開した。

趣味・娯楽 小学生
アメリカ・フロリダ州/アンディ(10 歳)「ピーナツバターサンドウィッチ」
  • アメリカ・フロリダ州/アンディ(10 歳)「ピーナツバターサンドウィッチ」
  • 日本/たくと(8歳)「そうめん」
  • ブラジル/ヴァージニア(7 歳)「豚肉とマッシュポテト」
  • オーストラリア/シバン(11 歳)「野菜ライスとロースとポテト」
  • スウェーデン/ボボ(9 歳)「ミートボールとフライドポテト」
  • 南アフリカ/キマ(10 歳)「ボーリロール」
  • トッカ・ボッカ
 スウェーデン生まれの遊びのスタジオ、トッカ・ボッカ社(TOCA BOKA)は、子どもから見た世界を紹介する「キッズ・アイ・ビュー・プロジェクト」を実施している。第1弾は“ランチ、何食べた?”というテーマで、6か国・10人の子どもたちの写真とコメントを英語Webサイトで公開した。

 今回参加したのは、アメリカ、日本、オーストラリア、ブラジル、インド、スウェーデンの子どもたち10人。それぞれが「今日のランチ」や友達との日常のようすを写真に撮り、自分の言葉でコメントを添えて投稿しており、子どもの目から見た日常の暮らしを新鮮な見方で見ることができる企画となっている。トッカ・ボッカWebサイトに開設された「キッズ・アイ・ビュー・プロジェクト」では、子どもたちの思い思いのコメントが英語で紹介されている。

 アメリカ・フロリダ州のアンディ君(10歳)のランチは「ピーナツバターサンドウィッチ」。「ピーナツバターサンドウィッチ、ぶどう、バナナパンとチョコレートミルク。ぼくはほとんど毎日朝ごはんかランチにピーナツバターを食べてる」とコメント。

 ブラジルのヴァージニアちゃん(7歳)は「豚肉とマッシュポテト」のランチを紹介。「豚肉、マッシュポテトに削ったチーズとケチャップを 少しかけたもの。これがわたしが家にいるときの普段のランチで、夜ごはんでも毎日似たよ うなものを食べています。おいしいのよ!」と普段の日常を紹介するコメントを寄せている。

 日本からはたくと君(8歳)が「そうめん」を紹介。「これは日本のそうめん。そうめんをつけるとつゆときゅうり、トマトと炒めたたまごとちくわ(魚のソーセージです)。きゅうりとトマトはうちの庭でとれたもの。いつもと違ったのはトマトがぼくのお皿に乗っていたこと!ママはときどきぼくのお皿にトマトを乗せる」とコメントした。

 この取組みは、イギリス、アメリカなどで子どもたちに人気を呼び、子どもたちが独自に自分のランチを写真で撮り、サイトを通じて友だち同士で共有する活動に広がっているという。すべての投稿は、トッカ・ボッカ社の公式ホームページで展開している「トッカ・ マガジン」で見ることができる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)