東電、電力自由化に向け新サービス発表…1/8先行予約開始

生活・健康 その他

家庭向けの料金プラン
  • 家庭向けの料金プラン
  • スタンダードプラン
  • プレミアムプラン
  • スマートライフプラン
  • 夜トクプラン
  • ポイントサービス
  • 提携先一覧
 東京電力は1月7日、4月より開始される電力小売全面自由化に向けた新たなサービスメニューを発表した。家族構成やライフスタイルにあわせた料金プランやポイントサービス、提携先とのセット割などお得なプランを紹介。1月8日より電話での先行予約も受付開始する。

 4月から提供される家庭向けの電気料金プランは、現在の料金プランに加え、時間帯を気にせず電気を使いたい家庭向けの「スタンダードプラン(S、L、X)」、大家族やペットがいるなど使用量が多い家庭向けの「プレミアムプラン」、オール電化の家庭向けの「スマートライフプラン」、日中不在で夜間の使用量が多い家庭向けの「夜トクプラン(8、12)」の5つ。

 たとえばプレミアムプランでは、一定使用量(400kWh)までを定額料金とし401kWh以上の単価を割安に設定。電気代が月額17,000円以上の家庭では電気代がお得になるプランだという。一人暮らしや共働き世帯、小さな子どものいるファミリー世帯など、それぞれのライフプランにあった無駄のない料金プランを選択できるようになる。

 また、新たにポイントサービスも導入。電気料金の支払いやWebサービスの利用に応じてポイントを付与、電気料金では1,000円につき5ポイントが貯まる。ポイントは、Tポイント、Pontaポイントを選択することも可能。電気料金などポイントを充当できるサービスは2017年春をめどにリリース予定となっている。

 さらにお得なプランとして、各種提携先とのセット割も提供する。提携先はソフトバンクやソネット、USEN、レモンガス、ビックカメラなど多岐にわたる。LPガスと宅配水(アクアクララ)を扱うレモンガスでは、プレミアムプランもしくはスタンダードプランとセット契約した場合、ガス代が年間最大6,480円お得に、ガスとアクアクララ両方では年間最大10,368円お得になる。現在使用しているサービスと電気料金をセットにすることで、よりお得なサービスを受けられる可能性がある。

 東京電力では、現在のサービスエリアに加えて全国の家庭へのサービス提供も開始する。直近の4月からは現在の関西電力、中部電力のサービスエリアが対象となる。1月8日の午前9時からは電話にて、1月15日の午前9時からはWebサイトで先行予約の受付を開始する。なお、3月31日までの期間限定申込特典も用意されている。各プランの詳細やサービス概要など詳しくは東京電力のホームページにて確認できる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)