三重大学とナベル、折りたたんで持ち運べるソーラーパネル開発

生活・健康 その他

ナベルが三重大学と共同開発したソーラーパネル「nanoGrid」
  • ナベルが三重大学と共同開発したソーラーパネル「nanoGrid」
ジャバラなどを製造するナベル(本社・三重県伊賀市)は、三重大学と共同でユニークなソーラーパネルを開発。東京ビッグサイトで開催された「スマートコミュニティジャパン2016」で披露し、9月から発売するという。

「nanoGrid(ナノグリッド)」と名付けられた製品は折りたたみ可能なソーラーパネルで、広げると大きさは145cm×123cmだが、折りたたむと9分の1の50cm×42cmとなる。しかもソーラーパネルは薄膜アモルファスを使用しているため、約3kgと非常に軽量で、リックなどに入れて運んでも苦にならない。

このアモルファスパネルは過酷な条件でも安定的に発電し、曇りの時も発電能力が高いので、結晶系のパネルに比べて年間10%発電量が多くなるそうだ。

「発電能力は72Wですが、9分割のどこで折っても発電しますので、非常に使い勝手がいいと思います。例えば、6枚だけ広げて車の屋根にくくりつけてもいいかもしれません。現在、この製品に対する反響が大きく、問い合わせも非常に多いです」と同社関係者は話す。

同社では200Wの蓄電池とセットでこのナノグリッドを発売する予定で、価格は約20万円。防災用としてはもちろんのこと、レジャー用などいろいろな場面でも活用できる便利なアイテムと言えよう。

【スマートコミュニティ16】三重大学と持ち運び可能なソーラーパネル開発、9月発売へ…ナベル

《山田清志@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)