【高校受験2016】都立高入試の調査結果を公開、各教科の平均点など

 東京都教育委員会は6月23日、平成28(2016)年度の都立高等学校入学者選抜における学力検査結果に関する調査報告をホームページに公開した。各教科の平均点や得点分布、今後の指導に向けた改善点などをまとめている。

教育・受験 中学生
平成28年度都立高校入試 各教科の平均点など
  • 平成28年度都立高校入試 各教科の平均点など
  • 平成28年度都立高校入試 各教科の平均点グラフ
  • 平成28年度都立高校入試 国語の得点分布
  • 平成28年度都立高校入試 数学の得点分布
  • 平成28年度都立高校入試 英語の得点分布
  • 平成28年度都立高校入試 社会の得点分布
  • 平成28年度都立高校入試 理科の得点分布
 東京都教育委員会は6月23日、平成28(2016)年度の都立高等学校入学者選抜における学力検査結果に関する調査報告をホームページに公開した。各教科の平均点や得点分布、今後の指導に向けた改善点などをまとめている。

 調査は、受検者の学力実態を把握し、各教科・各問の分析や結果を提供することで中学校や高校の教科指導改善に役立ててもらうことを目的に毎年実施しているもの。2016年2月24日に実施した第一次募集・分割前期募集において全日制高校を志望し、共通問題で学力検査を受けた者を対象に、教科別の平均点や得点分析などを調査した。

 教科別の平均点は、国語73.9点(前年度65.6点)、数学60.9点(同62.0点)、英語57.4点(同63.4点)、社会59.3点(同59.1点)、理科50.6点(同59.4点)。国語では前年度より平均点を8.3点と大きく伸ばしたものの、そのほかの教科では前年度と同等、もしくは平均点を下げる結果に。理科では8.8点も前年度平均点を下回った。

 また、教科ごとの指導改善点も示しており、理科については「実験の結果を分析して解釈し、根拠をもとに導き出した考えをグラフや図表などを活用して表現する能力の育成を重視した指導を行うこと」などと指摘している。

 ホームページに掲載している報告書では、平均点や得点分布などの詳細のほか、教科ごとの小問・大問の正答率、出題の方針、各問のねらい、おもな誤答例なども見ることができる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)