国内モバイルデバイス市場、PC・タブレット・スマホはマイナス成長

デジタル生活 その他

国内モバイルデバイス市場出荷台数予測
  • 国内モバイルデバイス市場出荷台数予測
  • IDC Japan
 IDC Japanは6月30日、「2016年第1四半期 国内モバイルデバイス市場予測」を発表した。2016年第1四半期(1~3月)の国内モバイルデバイス市場出荷台数は、前年同期比7.5%減の1,202万台。2016年通年では、前年比4.6%減の4,571万台と予測されている。

  2016年第1四半期の国内モバイルデバイス出荷台数は、前年同期比7.5%減の1,202万台。スマートフォン、タブレット、パソコンの各製品とも、2015年第4四半期(10~12月)に引き続き、マイナス成長となった。

 このうち、スマートフォン市場は、国内通信事業者がAndroid端末の在庫調整を行ったことから、前年同期比6.2%減。タブレット市場は、2015年のビジネス市場の大型案件による反動が大きく影響し、前年同期比6.2%減。2014年第3四半期(7~9月)から2桁のマイナス成長が続いてきたパソコン市場は、前年同期比8.1%減にとどまり、マイナス成長の底打ちがみえてきている。

  2016年の国内モバイルデバイス市場は、前年比4.6%減の4,571万台と予測。このうちパソコン市場においては、ビジネス市場で2016年10月のWindows7搭載モデルの最終出荷に向けて在庫調整が進むとの予測から、2015年とほぼ同等の出荷が見込まれている。一方、家庭市場では購買を促進する要素は少なく、2016年のパソコン市場としては1桁のマイナス成長にとどまると分析されている。

 タブレット市場は、2016年通年で前年比マイナス成長となる予測。ビジネス市場で導入が進む一方、家庭市場ではWi-Fiモデルを中心にキラーアプリケーション不在の状況が続き、大型スマートフォンとの競合も影響するとみられている。

 スマートフォン市場は、通信事業者によるキャンペーンが抑制されることで、家庭市場を中心にマイナス成長が見込まれ、2016年はモバイルデバイス市場の家庭市場向け出荷が前年比6.5%減の3,509万台、ビジネス市場向け出荷が2.0%増の1,062万台と予測されている。

 詳細は、IDC Japan発行の「国内モバイルデバイス市場 2016年第1四半期の分析と2016年~2020年の予測」で報告されている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)